人生観

凡事を徹底しよう

投稿日:2016年4月18日 更新日:

エローハットの創業者である、

鍵山秀三郎さんの言葉に

このようなものがあります。

「ひとつ拾えば、

 ひとつだけきれいになる」

何か物事にとりかかったり、

目標を立てて打ち込む時、

途中まで来てどうしても行き詰ったり、

なぜこれを行っているのかと

問視してしまうことがあるかもしれません。

そのような時、鍵山さんのようにコツコツ、

まずは目の前の一つの課題に

集中するようにしています。

一つ拾えば、一つキレイになる、

この「当たり前」のことを「当たり前」に

どれだけ愚直にこなし続けられるか、

ここに大きな目標をも達成する

エッセンスが盛り込まれています。

目の前の事象は、

例えばいたって平凡なことだとします。

しかし、その「平凡」なことを

やり続ければいつしか「非凡」に変わり、

圧倒的な積み重ねとなって形になると思います。

これは、どんなことをやるにしても同じではないでしょうか。

先を見すぎて、あれもこれもと考えすぎて

動けなくなるのではなく、

やることをきっちり明確にする、

そして、一つ一つをカッチリこなしていく、

ゆっくりでも続けていけば積もっていきます。

この愚直な「凡事」をやり続けられることこそ、

人間性が試されるものだとも思っています。

そのように徹底して「凡事」を行い、

人の役に立つ「結果」を生み出していきたいですね^^


社長ブログ ブログランキングへ

-人生観
-, ,

執筆者:


  1. SECRET: 0
    PASS:
    >HIDEさん
    そうですね。やはり、目の前のことを愚直にコツコツ継続していった先に大きな「カタチ」となって表れてくるのだと思います。

  2. HIDE より:

    SECRET: 0
    PASS:
    成功者の言葉は重く深いですね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

苦しい時、そばにいてくれた人を大切にする

  秦基博(はたもとひろ)さんの歌、「ひまわりの約束」の冒頭のフレーズを聴くと、大切な人のことを想います。 そして、涙がでてきます。 「どうして、君が泣くの。まだ僕も泣いていないのに。  自分より、悲 …

あの日の夏を思う

  ようやく関東も梅雨が明けましたね。 ここまで遅いのは13年ぶりだそうです。 ふと、13年前を思い出すと、確かにあの時の夏はとても梅雨明けが遅かったように思います。 13年前というと僕は中 …

プライスレスな「価値」を発見していこう

  周りの景色をもう一度ゆっくり観察してみましょう。 僕らの周りには、お金では代替不可能なものや事柄がたくさんあります。 プラスレスな価値を発見していきましょう。 そうすれば、日々の雑多な中にも「有り …

「キャリアドリフト」という考え方

  人生を設計していくというニュアンスで「キャリアデザイン」という考え方があります。 人生に予定を入れ、目標を立て、実行する。 トライ&エラーを繰り返して、自分のなりたい「状態」に近づけていく …

最後に「結果」が出た時、苦しみは全て輝かしいプロセスに変わる

  過去と他人は変えられない。 未来と自分は変えられる。 このコトバはどこかのタイミングで聞いたことがあるかもしれません。 なるほど、未来と自分は変えられると思いますし、自分が影響を及ぼせる「範囲内」 …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter