人生観

「人生ゲーム」が一番楽しい

投稿日:2016年4月24日 更新日:

さい頃、よくテレビゲームをして遊びました。

僕が小さい頃は、スーパーファミコンが流行っていました。

友達は、ある程度の子がこのいわゆる「スーファミ」を持っていました。

僕の家は親が厳しく、スーファミは買ってもらえませんでした。

スーファミがやりたくて、友達の家によく遊びに行ったものです。

スーファミでは「スーパーマリオ」をやっていました。

おなじみ、画面の左から右にかけてマリオが様々な敵キャラや障害物を乗り終えたり、倒したりしながらゴールに向かっていくのです。

1回や2回死んだとしても、何度も何度も挑んでいきました。

敵が、クリボーやノコノコから中ボス、ラスボスのクッパに至るまで。

敵が大きければ、大きいほど倒すのは至難の技でした。

しかし、敵が大きければ大きいほど、倒した時は何よりも「爽快感」がありました。

「失敗」という概念がなかったように思います。

倒すまでやる。

それを決めていました。

どんなに時間がかかろうが、日にちをまたごうが。

「ゴールを諦める」という概念が頭の中にはなかったです。

うまくいかなければ、他の方法で再度チャレンジしていきました。

僕たちは、ゲームの中で、「障害物」を克服する「喜び」を得ていました。

ここで、僕たちの「人生」を「ゲーム」に例えるのは非常におこがましいかもしれません。

しかし、この「人生ゲーム」も同じなのではないでしょうか。

乗り越え難きを乗り越えた時、僕たちは心の中に大きな達成感と喜びを手にしています。

そして、人間的にランクアップ、つまり「成長」しているのです。

2次元の中ではなく、今目の前に繰り広げられる一人一人の人生の方が圧倒的にスリルがあり楽しいのです。

テレビゲームはワクワクしながら挑戦しました。

「次はどんな敵がくるのだろうか。」

人生も、色んな「障害物」を楽しみながら超えていきたいですね^^


社長ブログ ブログランキングへ

-人生観

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

自立した「思考力」を養う

  父が亡くなってから、父親との思い出や褒められたこと、叱られたこと、衝突したことなどを思い出していました。 そして、時たま夢にも出てくる父の姿に自分自身を重ね合わせながら、 僕自身の考え方や性格とい …

「キャリアドリフト」という考え方

  人生を設計していくというニュアンスで「キャリアデザイン」という考え方があります。 人生に予定を入れ、目標を立て、実行する。 トライ&エラーを繰り返して、自分のなりたい「状態」に近づけていく …

「時間」の質が「人生」の質

熊本県の震災が心痛いです。 東京でも少々揺れたので、 現地にいる方々は、 とても怖かったと思います。 僕もできることを 行っていきたいと感じております。 このような震災が起こると、 人生を考えます。 …

人がどうかではなく、「自分」はどうなのか

  資本主義の社会は、ある意味で残酷な社会でもあると思うのです。   ビジネスにおいては、多くの方に価値を提供することが出来れば、それだけその人の付加価値が高まります。   その付 …

【見抜く力を養おう】

学ぶことに関して、 自分自身が「学んだな!」と 感じられれば、それはその時点で、 良い学びを得ているということです。 ============== ◆ランキングクリック◆ 上位、混戦模様のランキング。 …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter