人生観

「人生ゲーム」が一番楽しい

投稿日:2016年4月24日 更新日:

さい頃、よくテレビゲームをして遊びました。

僕が小さい頃は、スーパーファミコンが流行っていました。

友達は、ある程度の子がこのいわゆる「スーファミ」を持っていました。

僕の家は親が厳しく、スーファミは買ってもらえませんでした。

スーファミがやりたくて、友達の家によく遊びに行ったものです。

スーファミでは「スーパーマリオ」をやっていました。

おなじみ、画面の左から右にかけてマリオが様々な敵キャラや障害物を乗り終えたり、倒したりしながらゴールに向かっていくのです。

1回や2回死んだとしても、何度も何度も挑んでいきました。

敵が、クリボーやノコノコから中ボス、ラスボスのクッパに至るまで。

敵が大きければ、大きいほど倒すのは至難の技でした。

しかし、敵が大きければ大きいほど、倒した時は何よりも「爽快感」がありました。

「失敗」という概念がなかったように思います。

倒すまでやる。

それを決めていました。

どんなに時間がかかろうが、日にちをまたごうが。

「ゴールを諦める」という概念が頭の中にはなかったです。

うまくいかなければ、他の方法で再度チャレンジしていきました。

僕たちは、ゲームの中で、「障害物」を克服する「喜び」を得ていました。

ここで、僕たちの「人生」を「ゲーム」に例えるのは非常におこがましいかもしれません。

しかし、この「人生ゲーム」も同じなのではないでしょうか。

乗り越え難きを乗り越えた時、僕たちは心の中に大きな達成感と喜びを手にしています。

そして、人間的にランクアップ、つまり「成長」しているのです。

2次元の中ではなく、今目の前に繰り広げられる一人一人の人生の方が圧倒的にスリルがあり楽しいのです。

テレビゲームはワクワクしながら挑戦しました。

「次はどんな敵がくるのだろうか。」

人生も、色んな「障害物」を楽しみながら超えていきたいですね^^


社長ブログ ブログランキングへ

-人生観

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

苦しい時、そばにいてくれた人を大切にする

  秦基博(はたもとひろ)さんの歌、「ひまわりの約束」の冒頭のフレーズを聴くと、大切な人のことを想います。 そして、涙がでてきます。 「どうして、君が泣くの。まだ僕も泣いていないのに。  自分より、悲 …

【感情のグラデーションで人生を鮮やかに】

とても繊細な文章を書く小説家は、 過去に人間関係で傷ついた経験が たくさんある場合が多かったりします。 ============== ◆人気ブログランキング◆ ご購読いただくあなたが、 ランキングクリ …

感動の「コレクション」を増やそう

◆社長ブログランキング◆ いつも支えられています^^ 応援していただけると、助かります。 ↓↓↓ 社長ブログ ブログランキングへ 「初めて出来た」際の体験は、記憶に残りやすくなります。 保育園の年中の …

【人生観を共有するということ】

人と深く話してみると、 その人の表面からは感じられない、 立体的な姿が浮かび上がってきます。 ============== ◆人気ブログランキング◆ 本日も、ご購読ありがとう ございます^^ ランキン …

あの日の夏を思う

  ようやく関東も梅雨が明けましたね。 ここまで遅いのは13年ぶりだそうです。 ふと、13年前を思い出すと、確かにあの時の夏はとても梅雨明けが遅かったように思います。 13年前というと僕は中 …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter