人生観

「人生ゲーム」が一番楽しい

投稿日:2016年4月24日 更新日:

さい頃、よくテレビゲームをして遊びました。

僕が小さい頃は、スーパーファミコンが流行っていました。

友達は、ある程度の子がこのいわゆる「スーファミ」を持っていました。

僕の家は親が厳しく、スーファミは買ってもらえませんでした。

スーファミがやりたくて、友達の家によく遊びに行ったものです。

スーファミでは「スーパーマリオ」をやっていました。

おなじみ、画面の左から右にかけてマリオが様々な敵キャラや障害物を乗り終えたり、倒したりしながらゴールに向かっていくのです。

1回や2回死んだとしても、何度も何度も挑んでいきました。

敵が、クリボーやノコノコから中ボス、ラスボスのクッパに至るまで。

敵が大きければ、大きいほど倒すのは至難の技でした。

しかし、敵が大きければ大きいほど、倒した時は何よりも「爽快感」がありました。

「失敗」という概念がなかったように思います。

倒すまでやる。

それを決めていました。

どんなに時間がかかろうが、日にちをまたごうが。

「ゴールを諦める」という概念が頭の中にはなかったです。

うまくいかなければ、他の方法で再度チャレンジしていきました。

僕たちは、ゲームの中で、「障害物」を克服する「喜び」を得ていました。

ここで、僕たちの「人生」を「ゲーム」に例えるのは非常におこがましいかもしれません。

しかし、この「人生ゲーム」も同じなのではないでしょうか。

乗り越え難きを乗り越えた時、僕たちは心の中に大きな達成感と喜びを手にしています。

そして、人間的にランクアップ、つまり「成長」しているのです。

2次元の中ではなく、今目の前に繰り広げられる一人一人の人生の方が圧倒的にスリルがあり楽しいのです。

テレビゲームはワクワクしながら挑戦しました。

「次はどんな敵がくるのだろうか。」

人生も、色んな「障害物」を楽しみながら超えていきたいですね^^


社長ブログ ブログランキングへ

-人生観

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

存在目的は「他者」により、定義づけられる

  自分が守りたいと心から思える存在が一人でもいれば、生きている「価値」は十二分にあります。 守りたいと心から思える存在を自分史上最高に尽くし、幸せにすることが「自分」の価値であると思えるからです。 …

凡事を徹底しよう

イエローハットの創業者である、 鍵山秀三郎さんの言葉に このようなものがあります。 「ひとつ拾えば、  ひとつだけきれいになる」 何か物事にとりかかったり、 目標を立てて打ち込む時、 途中まで来てどう …

運命に翻弄(ほんろう)される時は

  想定外の事態が起こった時、しかもそれが人間が及ぼせる範囲を優に超える場合は、どうすることもできません。 僕たちは、時たま運命に右往左往することがあります。 まさかこんなことが自分に起こるとは、、 …

何気ない「日常」に一輪の花を見出す

  ◆社長ブログランキング◆ 急成長を遂げる「挑戦者のブログ」、ただいま○位です!! 社長ブログ ブログランキングへ   海外旅行にいった思い出。   修学旅行にいった思い出。 友 …

【自分なりの「軸」を確立していく】

人が言っていることや、 本に書いてある内容、 ネットで掲載されているネタ、 様々な情報が目の前を洪水の ごとく通り過ぎていきます。 ============== ◆ランキングクリック◆ 上位、混戦模様 …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter