人生観

「人生ゲーム」が一番楽しい

投稿日:2016年4月24日 更新日:

さい頃、よくテレビゲームをして遊びました。

僕が小さい頃は、スーパーファミコンが流行っていました。

友達は、ある程度の子がこのいわゆる「スーファミ」を持っていました。

僕の家は親が厳しく、スーファミは買ってもらえませんでした。

スーファミがやりたくて、友達の家によく遊びに行ったものです。

スーファミでは「スーパーマリオ」をやっていました。

おなじみ、画面の左から右にかけてマリオが様々な敵キャラや障害物を乗り終えたり、倒したりしながらゴールに向かっていくのです。

1回や2回死んだとしても、何度も何度も挑んでいきました。

敵が、クリボーやノコノコから中ボス、ラスボスのクッパに至るまで。

敵が大きければ、大きいほど倒すのは至難の技でした。

しかし、敵が大きければ大きいほど、倒した時は何よりも「爽快感」がありました。

「失敗」という概念がなかったように思います。

倒すまでやる。

それを決めていました。

どんなに時間がかかろうが、日にちをまたごうが。

「ゴールを諦める」という概念が頭の中にはなかったです。

うまくいかなければ、他の方法で再度チャレンジしていきました。

僕たちは、ゲームの中で、「障害物」を克服する「喜び」を得ていました。

ここで、僕たちの「人生」を「ゲーム」に例えるのは非常におこがましいかもしれません。

しかし、この「人生ゲーム」も同じなのではないでしょうか。

乗り越え難きを乗り越えた時、僕たちは心の中に大きな達成感と喜びを手にしています。

そして、人間的にランクアップ、つまり「成長」しているのです。

2次元の中ではなく、今目の前に繰り広げられる一人一人の人生の方が圧倒的にスリルがあり楽しいのです。

テレビゲームはワクワクしながら挑戦しました。

「次はどんな敵がくるのだろうか。」

人生も、色んな「障害物」を楽しみながら超えていきたいですね^^


社長ブログ ブログランキングへ

-人生観

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【器用貧乏よりも不器用裕福で】

あれもこれもに手を出して、 結局何も残らず、時間だけが過ぎてしまった、 という経験はないでしょうか。 ============== ◆人気ブログランキング◆ 本日も、ご購読ありがとう ございます^^ …

感動の「コレクション」を増やそう

◆社長ブログランキング◆ いつも支えられています^^ 応援していただけると、助かります。 ↓↓↓ 社長ブログ ブログランキングへ 「初めて出来た」際の体験は、記憶に残りやすくなります。 保育園の年中の …

【不安の先取りをしない】

不安は雪だるま式に増えていくもので、 特に現代のような「先行き」の見えない と言われる時代であれば、尚更です。 ============== ◆ランキングクリック◆ 上位、混戦模様のランキング。 本日 …

【人生は「出口」で決まる】

広島東洋カープの元エース、 黒田博樹選手の生き様を見て 感じたタイトルです。 ============== ◆ランキングクリック◆ 上位、混戦模様のランキング。 本日もサイトからの応援を お願い致しま …

人がどうかではなく、「自分」はどうなのか

  資本主義の社会は、ある意味で残酷な社会でもあると思うのです。   ビジネスにおいては、多くの方に価値を提供することが出来れば、それだけその人の付加価値が高まります。   その付 …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter