挑戦

最大の失敗とはどんな「失敗」か

投稿日:2016年4月30日 更新日:

 

かにチャレンジする時、それがうまくいくかは分からない場合が多いですね。

しかし、僕たちはそこに「可能性」を感じるからチャレンジするという選択をします。

チャレンジする、挑戦するというのは勇気がいります。

「挑戦」というのは、今までの自分の基準値、つまり「限界」を越えていく「行為」だと感じています。

限界突破を果たす時、必ず自分の「壁」にぶつかります。

ぶつかった時、少なからずの「痛み」を伴います。

とても苦しいです。

しんどいです。

楽な立場においては、誰もが歩むことができます。

しかし、一番困難な時に「いかにそこを超えるか」という哲学が自分の中に確立しているか。

それが、自分の「過去の基準」を越えていく「鍵」になると思っています。

どうしてもしんどい瞬間、最低ラインは死守する、ここだけは譲れない境地を越えていく。

そう思いながら、泥臭く続けていく。

チャレンジして失敗することは多いです。

失敗したら、悔しいし、悲しくなりますね。

しかし、「挑戦した」という「事実」はあなたの中に残されていきます。

「挑戦した」という「事実」を残し続けていく時、その「事実」がいつか「結果」という「果実」につながる瞬間を信じていくことです。

一番やってはいけない失敗は何か。

それは「挑戦したい」という気持ちがありながら、周りの目線を気にして「行動しない」という「事実」を作り続けていくこと。

つまり、一番の失敗は、「失敗しない人生を歩み続けていくこと」だと思います。

「無難」に生きたその先に何があるのでしょうか。

「挑戦」した人生の先に何があるのでしょうか。

自分の選択次第です。

時には休むことがあれど、「一歩を超える勇気」を持って、行動していきたいですね^^


社長ブログ ブログランキングへ

-挑戦

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【道筋が見えたら、あとは地道に行動してみよう】

結局は、動いてみることに 尽きると思います。 ============== ◆人気ブログランキング◆ ご購読いただくあなたが、 ランキングクリックを押して いただくことを願いまして^^ ↓↓↓ === …

劣悪な環境で訓練する

  周りの環境から、多分に影響を受けるということは本当に多いと思います。 自分が不遇な、理不尽な環境であればそこから抜け出したいと思いますね。 しかし、必然的に通過しなければならない「劣悪」な環境であ …

no image

中途半端でも前に進む、「泥臭さ」を持つ

今日も、あれもやらないといけないし、これもやらないといけない。 常に「やらないといけないことリスト」が空っぽになることがほとんどない日々を送っているかもしれません。 人生において、「やらないといけない …

【リーダーは孤独な存在である】

高校生の頃のテニス部で 先輩たちが最後の大会を終え、 抜けた後の高校2年生から キャプテンを務めました。 ============== ◆人気ブログランキング◆ ご購読いただくあなたが、 ランキングク …

「とりあえず」やってみる姿勢

  ◆社長ブログランキング◆ 1日1クリック、いつもありがとうございます。 おかげさまで、⚪︎位! ↓↓↓   ノウハウや情報ばかり集めて、 成果に全く繋がっていない人や状態のことを ”ノウ …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter