生活

「何もしない」をしよう

投稿日:2016年5月3日 更新日:

か予定を入れて、休みの日でもスケジュールをギシギシに詰めることがあります。

「忙しい」状態を自ら作り出し、そこに安心感を覚えるからです。

なぜ、そのような「状態」を作り出してしまうかというと、平日は普段から仕事で忙しく、「忙しい」という状態が習慣化してしまい、その状態でないと心が落ち着かないからです。

かといって、「忙しい」状態が、自分の心を落ち着かせているかといったらそうでもなく、常にせかせかと焦るような気持ちを持ち合わせています。

何か「強迫観念」のように、休みの日も充実させなくては、という思いが焦りに似たものを生み、自分の心を縛り付けています。

休みの日は、元気があれば遠出をしたり遊ぶ計画を立てたりしたら良い思い出となりリフレッシュにつながると思います。

かといって、無理に遊びに行かなくても、何もせずに、ただゆっくり過ごすというのも素敵な休日の過ごし方であると思っています。

ゆっくり部屋の中で、これまでの数ヶ月、数週間を振り返り、内省したり、最近自分が感じてきた「感情」を振り返ってみたり、自分はどこへ行こうかゆっくり考えてみたり。

そういった、自分の心と向き合う時間というのが、「考え方の深堀り」ができる貴重な時間であるとも思っています。

そうやって、心をうまく充足させることができれば、次の行動やスケジュールへの活力も生まれてきますし、心が弾んでワクワクもしてきます。

そのように自分の行動と感情をうまく運ばせて、素敵なワン&オンリーな休日を過ごしていきたいですね^^


社長ブログ ブログランキングへ

-生活

執筆者:


  1. とも より:

    SECRET: 0
    PASS:
    読者登録ありがとうございます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

最初の「行動」で「自分」を変える vol.1

  小学生の頃の僕は、とても内気で引っ込み思案でした。   低学年から4年生までにかけては、ある程度活発であったのに、   5年生、6年生の時は、授業中に「手を挙げる」ということを、   ほとんどした …

負のルーティーンの断ち切り方

  モチベーションが上がらない時はどのようにしていますか? 自分が叶えたい目標や、行っていきたいビジネスなどがあり、途中まで進んだはいいが、どこかでそれを達成したい「動機」を見失ってしまった場合、 ど …

時間と脳の使い方

  読書してみると気づくことがあります。 忙しい時の隙間時間の読書の方が、よく覚えていて実践しやすいということです。 とても時間が有り余っている時に、たっぷりと読書しようと思っても、なかなか …

疲れた時は、たくさん食べて寝よう

  何か普段とは違うイベントごとがあったり、自分が気を使うことがあった時は、精神的に疲れてしまう時があるかと思います。 そんな時は、「好きなものをたくさん食べて、たっぷり寝る」という行動のチャンネルも …

心身のバランスを考える

  デパートなどに行く際、 エスカレーターをやめて、階段で行くだけで軽い運動をすることができます。 それが健康につながっていきます。 エスカレーターは誰もが乗りたいので、混みこみです。 関東 …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter