心理学

過去の「痛み」を癒していこう

投稿日:2016年5月4日 更新日:

の大きなあるゾウがいました。

ゾウの近くに地面に突き刺した木の杭がありました。

その杭に縛り付けたヒモの先をたどるとゾウの左足がそのヒモに縛られていました。

この大きなゾウの大きさなら、いとも簡単に木の杭を引き抜いて逃げ出すことができます。

しかし、ゾウは逃げ出そうとしません。

そこに小鳥が飛んできて、ゾウに話しかけました。

「やあ、ゾウさん。僕はこんなにも色んなところを飛び回って自由を謳歌しているよ。
ゾウさんはなんで、そんなヒモで縛られたままでいるの?
そんな木の杭なんてすぐに引っこ抜いて、逃げ出せばいいのに。」

この小鳥の問いかけに、ゾウはこう答えました。

「やあ小鳥さん。逃げる? そんなの出来っこないよ。」

それに対して小鳥さんは、

「ゾウさんはそんなに大きいんだよ。そんな細い杭とヒモなんて簡単に引っこ抜けるよ。」

ゾウさん 「昔、何度も試してみたんだ。でもこの杭とヒモは僕の力ではどうにもならないんだよ。」

小鳥さん 「大丈夫だよ。ゾウさんは昔に比べてとても大きくなったんだ。今なら引っこ抜けるよ!」

ゾウさんは最後にこうつぶやきました。

「、、、ボクは学んだんだ。」

 

これは、エレファントシンドロームと言われます。

いわゆる、負の学習効果。

幼い頃に学んだことをずっと引きずったままでいるのです。

ゾウは、体が小さい子供の頃、木の杭を引っこ抜こうとチャレンジしました。

しかし、体が小さく力がなかった頃は、この木の杭を引っこ抜くことはできませんでした。

今や体が何倍にも大きくなり、力も当時の何倍にも大きくなったゾウにとって、この木の杭を引っこ抜くことは朝飯前です。

しかし、ゾウが過去から学んだ「出来ない」という意識が行動を極度に制限させているのです。

そして、本当の自由が目の前に広がっているのに、心の「鎖」が反映されて体の「鎖」を断ち切ることができない、という「現象」を生んでいます。

人間であれ、動物であれ、常に経験から「学習」をしています。

しかし、この「学習能力」が「可能性」を「制限」させていることが往々にしてあるのです。

過去に学んだ痛い経験、人から言われた言葉。

「お前には無理だよ。」

過去の自分と今の自分は明らかに違うのに過去に縛られているのです。

この過去の「痛み」を癒すことは、自分のなりたい「状態」に近づくための一歩になると思います。

人間は、一般的な動物と違い、自分の感情と行動となりたい状態を「選択」できる創造性を秘めています。

原体験を見つめて、癒していきましょう。

そして、なりたい「状態」のための考え方と行動をしていきたいですね^^


社長ブログ ブログランキングへ

-心理学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

人の評価を気にしない

  他人の評価を気にしないようにしましょう。 他人が周りから評価を受けていると、自分がライバル視している人であればあるほど、嫉妬の感情が芽生えたりします。 しかも、その褒められている人が自分 …

【幼き頃の痛みを抽出する】

両親から受け継いだ道徳観 というものがあります。 ============== ◆人気ブログランキング◆ ご購読いただくあなたが、 ランキングクリックを押して いただくことを願いまして^^ ↓↓↓ = …

【”インスタント”ばかりではダメ】

インスタント食品ばかり食べては、 健康を害するように、人との交流に おいても”インスタント”的なものは 希薄な関係しか生みません。 ============== ◆人気ブログランキング◆ 本日も、ご購 …

頭の整理と、視覚的な整理の関係

  頭が整理できない時は、行動が鈍くなったりします。 頭が整理できない時、部屋のなかの状況を確認してみてください。 部屋が散らかっていることが往々にしてあります。 かなり散らかっているのであれば、片付 …

自分への「内面的質問」に気をつけよう

  人と会話する場面を連想してみてください。 あなたが、その人のことを気に入っていれば、連想した時に楽しい感情がいくらかあったはずです。 それと同じように、人間は自分自身とも会話をしています …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter