挑戦

確実性を選ぶ多数派と、不確実性を選ぶ少数派

投稿日:

large

 

確実にうまくいくことなら、誰でも挑戦して行動することができると思います。

問題なのは、「不確実性」を含みながらも、自分の成りたいもの、やりたいこと、叶えたいもののために行動できるかどうか。

確実にできるものは、「確実」にできるから、刺激がなく、ルーティーンになり、人間としての発展性の面では、欠ける部分があります。

不確実性を含むものに挑戦する時、覚悟を決めるには「恐怖」が伴います。

この「恐怖」というのはなんなのか。

人間はどうやら、「想定できる違和感」と「想定できない違和感」だったら、「想定できる違和感」をとってしまう生き物だと言われます。

夫のDVで苦しんでいる奥様が、なかなか警察に駆け込まないのは、警察に自分の「状況」を告げた時に夫からどのような仕打ちを受けるのか「想定できない違和感」を持つからだそうです。

だから、いつものように暴力を振るうかもしれない夫のもとに、つまり自宅に帰るという「想定できる違和感」をとってしまうということ。

これは極端な例ですが、先が見込めない「想定できない違和感」が言い知れぬ「恐怖」につながっているということです。

僕らの「性質」はどうやら「現状維持」が好きらしい。

過去にうまくいかなかったこと、傷付いたことには臆病になってしまう。

だとしたら、ちょっとした勇気で「想定できない未来」を取る癖付けをしてみるのもありだと思います。

散髪をする時、違う美容院に行ってみる。

行きつけの料理屋さんではなく新しい料理屋さんに行ってみる。

いつもと違うルートで帰る。

いつもの服ではなく、もうちょっとオシャレな服を着てみる。

いつもより明るく振舞ってみる。

何か一つでもちょっと変えてみることを始めてみる。

そうすることで、「想定できない未来」を選択する行動力が身についてくる。

そのようにして、「恐怖」という漠然として、モヤモヤした大きなものを少しずつ取り除いていくことができると思います。

成りたいものというのは、「恐怖」の延長線上にある場合が往々にしてあります。

恐怖を超える「鍵」は「想定できない未来」をちょっとずつ「選択」するちょっとの行動であると考えています。

勇気の一歩を超えて本日も、新しい「1日」を送っていきましょうね^^


社長ブログ ブログランキングへ

-挑戦

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

成功とは、”素敵な勘違い”の連続行動

◆社長ブログランキング◆ 1日1クリック、いつもありがとうございます。 おかげさまで、⚪︎位! 芸人”ピース”の綾部さんが、ハリウッドデビュー を果たすべく、アメリカの旅立つというニュースが 届いてか …

人は「アウェイ」で磨かれる

  全く行ったことない場所や、話したことのない人と話すとき。 ちょっと勇気を出さないといけないかもしれません。 自分の慣れ親しんだ環境なら、仕事もやりやすいですね。 慣れ親しんだ仲間なら、気兼ねなく話 …

no image

最大の失敗とはどんな「失敗」か

  何かにチャレンジする時、それがうまくいくかは分からない場合が多いですね。 しかし、僕たちはそこに「可能性」を感じるからチャレンジするという選択をします。 チャレンジする、挑戦するというの …

【思考と行動はやっぱりバランス】

人に会って楽しく話す。 仕事の打ち合わせをする。 本を読んで、熟考する。 一人静かに瞑想する。 頭を使って考える時間と、 人と会って話をしたり、 具体的に行動する時間帯について、 やはりバランスだと感 …

【ピンチの数ほど、輝きは増す】

ピンチは焦ります。 ピンチの時は、自分の置かれている 状況に嫌気がさして、逃げ出したくなる ことも多々あると思います。 ============== ◆ランキングクリック◆ 上位、混戦模様のランキング …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter