心理学

たまには「役割」を手放してみよう

投稿日:

IMG_2830

 

はそれぞれ、社会の中で「役割」を担っている生き物です。

男性であれば、会社では役職、例えば、上司であり部長であり。

家に帰れば、夫であり、父であり、一家の大黒柱であり。

親戚からすれば、子供であり、おじさんであり、従兄弟であり。

女性においても同じですね。

この「役割」の中で自分を担っていると、ふとした瞬間に「疲れ」を感じることがあるかもしれません。

肉体的なものではなく、深く精神からくる「疲れ」です。

これは、「役割」を演じる中で、「こうしなければならない」という義務感からくるものである場合が多いと思うのです。

妻であるなら、こうあるべきだ。

母であるなら、こうあるべきだ。

長男なら、こうあるべきだ。

上司なら、こうあるべきだ。

もちろん、立場があるので、それは当たり前のことですが、たまにはこの「役割」から逸脱した「自分」を持つべきなのではないでしょうか。

義務感を離れ、一人の人間として、好きなものを楽しむ、ゆっくりと過ごす、笑う、感動する、泣く。

このような時間を持つことができれば、精神的にも安定し、普段の「役割」においても調子が出てくるものだと感じております。

無意識に、役割を演じてきた自分とは違う時間を持ち、充実した日々を送っていきたいものですね^^


社長ブログ ブログランキングへ

-心理学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【自分の期待値イメージに苦しまない】

自分の崇高な理想像があり、 自分はこうあるべきだ、 こうでなければならない、 といったような固定観念に縛られて 苦しんでしまう人がいます。 ============== ◆人気ブログランキング◆ ご購 …

【幼き頃の痛みを抽出する】

両親から受け継いだ道徳観 というものがあります。 ============== ◆人気ブログランキング◆ ご購読いただくあなたが、 ランキングクリックを押して いただくことを願いまして^^ ↓↓↓ = …

徹し切ったら、手放す

  楽しい時に、楽しもう。 嬉しい時に、嬉しがろう。 悲しい時に、悲しがろう。 悔しい時に、悔しがろう。 怒れる時に、腹を立てよう。 そして、それに「執着」しないようにしよう。 「執着」すると、心に負 …

【隣の芝生はいつだって青い】

基本的に新しいことに挑戦すると たいていの場合は上手くいかない ことが多く、打ちひしがれることも 多いです。 ============== ◆ランキングクリック◆ 上位、混戦模様のランキング。 本日も …

人は誰しも「共感」体験を欲している

すべての悩みは「人間関係に行き着く」と解き、 多くの方の共感を得て、ミリオンセラーとなった 「嫌われる勇気」という本があります。 アドラー心理学というもので、 目的論的心理学というものです。 最初読ん …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter