心理学

たまには思いっきり泣いてみよう

投稿日:

lgf01a201412240000

 

に見えるもの、「カタチ」があるものには全て目的があると考えています。

あなたが着ている服は、あなたの体を守るため、汗を吸収するため、オシャレをするため。

あなたの着けているメガネは、物をはっきりと見えるようにするため。

時計は、時を知らせるため。

ハサミは紙を切るため。

ペンは書くため。

スマホは誰かと連絡を取るため、交流を楽しむため。

そして、作られる経緯で誰かの「意図」が加わり、そのような「カタチ」になっていくのです。

それと同じで人間の体の様々な機能にもそれぞれの役割があり、目的があるのです。

涙は、悲しいとき泣くため、感動したとき泣くため、異物が入ったときに、異物を外へ取り出すため、様々な目的があるのです。

つまり、「悲しい」と感じたとき、そして「感動した」時はその目的が果たされても然りですね。

つまり泣いていいのです。

人前では、なかなかできないかもしれません。

ストレスで疲れている時、つらい時は、部屋の中でこっそり涙を流しても良いのではないでしょうか。

様々な実験で、泣くことと笑うことはストレス発散に効果的であるというのが実証されています。

とりわけ、泣くことは笑うことよりも、ストレス発散になるというのです。

感動する動画を見て泣いてもよいですし、誰かの人間ドラマを見て泣いても良いです。

そうやって、心身のバランスをとりながら次に向かっていくものとして、あなたの「涙」の目的を果たしてあげましょう。

誰かが見ていなくても、あなたがそうやって自分のバランスを何とか整えて頑張る姿にあなたがあなたを信じることができるようになってくると思います。

つまり、少しずつ自信に繋がってきますね。

だから、たまにはあなたの「涙」の役割を演じさせてあげましょうね^^


水野直利
_ _ _ _

◆社長ブログランキング◆
いつもあなたに支えられています^^
↓↓↓

社長ブログ ブログランキングへ

-心理学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【感情の”自転車操業”に陥らない】

ここではない”どこか”に幸福がある、 と信じ、求め続けてフラフラ動き続けて、 結果、どこにも求める”幸福”がなかったという 物語があります。 ============== ◆ランキングクリック◆ 上位 …

人は誰しも「共感」体験を欲している

すべての悩みは「人間関係に行き着く」と解き、 多くの方の共感を得て、ミリオンセラーとなった 「嫌われる勇気」という本があります。 アドラー心理学というもので、 目的論的心理学というものです。 最初読ん …

「比較」してしまうものに才能が含まれている

  誰かと比較しても意味がない、と分かっていながら比べてしまう。 そんなことがあるかと思います。 自分が何かにトライして、行動を起こした。 そして、出だしは良かったけど途中まで来て何かでつまずいてしま …

自己啓発ボンの”マンガ化”から読み解く潜在的欲求

  本屋さんへ行けば、”今”が見えます。 本屋さんへ行けば、流行りが分かります。 本屋さんへ行けば、運命的な出会いがあります。 ============== ◆人気ブログランキング◆ 素敵な …

no image

たまには「役割」を手放してみよう

  人はそれぞれ、社会の中で「役割」を担っている生き物です。 男性であれば、会社では役職、例えば、上司であり部長であり。 家に帰れば、夫であり、父であり、一家の大黒柱であり。 親戚からすれば、子供であ …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter