生活

最初の「行動」で「自分」を変える vol.1

投稿日:

Close-up of a smiling little girl

 

学生の頃の僕は、とても内気で引っ込み思案でした。

 

低学年から4年生までにかけては、ある程度活発であったのに、

 

5年生、6年生の時は、授業中に「手を挙げる」ということを、

 

ほとんどしたことがありませんでした。

 

それまで、手を挙げることがあったのに、なぜ、そこから手を上げなくなってしまったのか。

 

それは、積極的に手を挙げていた時に、自分のこの行為の揚げ足をとるクラスメートがいたからです。

 

「あいつ、あんなに手挙げて目立ちたいんだ。」

 

「カッコ悪。。」

 

繊細な心の持ち主であった僕はこの言葉を真っ向からくらってしまい、とてもショックを受けたのを覚えています。

 

「積極的に手を挙げることは、人から嫌われるとても嫌なこと」という認識を持ってしまったのです。

 

そんな原体験もあり、控えめに自分を出さずに引っ込めるような性格になっていった記憶があります。

 

小学生の頃の成績は悪くはなかったように思いますが、いかんせん5年生からは積極性がほとんどなく、通知表にも先生から、

 

「もっと積極性があればなおよろしい」とコメントされるような始末でした。

 

これではいけないな、と思いながらも常習化されたものというのはそう簡単には改良できません。

 

小学生の頃は、それで6年生が終わり卒業を迎えました。

 

このままのこの性格ではいけないな、と思いながらも卒業を迎えてしまい、僕は中学生に入学してからあることをすると決めました。

~続く~

 

水野直利
_ _ _ _

◆社長ブログランキング◆
注目の「挑戦者のブログ」、ただいま○位!!
↓↓↓

社長ブログ ブログランキングへ

◆水野直利オフィシャルブログ◆
https://brutality-ex.jp/fx40797/znDho2

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

「何もしない」をしよう

何か予定を入れて、休みの日でもスケジュールをギシギシに詰めることがあります。 「忙しい」状態を自ら作り出し、そこに安心感を覚えるからです。 なぜ、そのような「状態」を作り出してしまうかというと、平日は …

寝る前と起きたあとの習慣

  寝る前は極力、考えないようにしましょう。 寝る前のウトウトしている時、というのは顕在意識と潜在意識の境目あると言われます。 この寝る前の微妙に意識がある時に、これからのこととか色々と考え …

疲れた時は、たくさん食べて寝よう

  何か普段とは違うイベントごとがあったり、自分が気を使うことがあった時は、精神的に疲れてしまう時があるかと思います。 そんな時は、「好きなものをたくさん食べて、たっぷり寝る」という行動のチャンネルも …

「当たり前」を当たり前に大切にする意識を持つ

  公共交通機関の利用の仕方には人柄が表れると感じます。 朝の慌ただしい時間帯は、早く乗りたい気持ちや急かされる気持ちは多くの方がお持ちであると思います。 しかし、多くの方がご利用するので「 …

負のルーティーンの断ち切り方

  モチベーションが上がらない時はどのようにしていますか? 自分が叶えたい目標や、行っていきたいビジネスなどがあり、途中まで進んだはいいが、どこかでそれを達成したい「動機」を見失ってしまった場合、 ど …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter