心理学

自分への「内面的質問」に気をつけよう

投稿日:

BrxGptuCEAA-5n7

 

と会話する場面を連想してみてください。

あなたが、その人のことを気に入っていれば、連想した時に楽しい感情がいくらかあったはずです。

それと同じように、人間は自分自身とも会話をしています。

心の中での自分自身への問いをしているわけですね。

この自分自身への問い、「自問自答」というものを考えてみた場合、

人は、同時に自分へ2つの質問を考えることはできない、と言われます。

つまり、何かの質問を自分へ問うた場合、その他の問いを除外してその1つの質問を深堀して考えつづけてしまうということなんです。

これには、メリット、デメリットがありますね。

これのデメリットは何でしょうか。

自分への質問が、ネガティブなものだった場合。

なぜ、自分はダメなのか。

なぜ、自分はうまくいかないのか。

こんな問いを自分へ行ってしまうと、なぜ自分はうまくいかないのか、ダメなのかを考えつづけその理由をでっち上げてしまうのです。

そのネガティブな理由により、行動への制限とメンタルブロックが強化されていきます。


恐ろしきかな、人間の脳ミソ、ですね。。

そして、人間が同時に2つの質問を考えることができないメリットは何か。

これとは逆のことですね。

うまくいかない場合でも、

なぜ、自分は勝てるのか。

どうやったら、上手くいくのか。

こんな、前向きな問いを自分に行うことで、そのための理由をでっち上げ、行動を起こしていくのです。

そして、人間の脳ミソは具体的であればあるほど、行動しやすくなると言われます。


この事象から何を学べる「3つ」のことはなんだろう。


と考えた瞬間そのことで脳みそはいっぱいになる。

そして、「3つ」の学べることを抽出するための思考にシフトするのです。

ですから、無意識に自分自身に問うている質問に気をつけていきましょう。

そして、これのメリットを最大限に活用していきたいですね^^

水野直利

_ _ _ _

◆社長ブログランキング◆
成長をとげる「挑戦者のブログ」、名だたる社長の中で○位です!
↓↓↓

社長ブログ ブログランキングへ

◆水野直利オフィシャルメルマガ◆
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx40797/znDho2

※メルマガでは、ブログで書かないような有力な情報や
学びの場も提供しています。
独立の気概を持つあなたと関わりたい。
無料で登録できます。

-心理学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

人と接することで、自分を知る

  自分を知るためには、人間関係を意識することが大切であると感じます。 人は、文字通り「人の間」、人間なわけですから関係性から己を知ることができるのではないでしょうか。 家に一人、ずっと閉じ …

人は誰しも「共感」体験を欲している

すべての悩みは「人間関係に行き着く」と解き、 多くの方の共感を得て、ミリオンセラーとなった 「嫌われる勇気」という本があります。 アドラー心理学というもので、 目的論的心理学というものです。 最初読ん …

【隣の芝生はいつだって青い】

基本的に新しいことに挑戦すると たいていの場合は上手くいかない ことが多く、打ちひしがれることも 多いです。 ============== ◆ランキングクリック◆ 上位、混戦模様のランキング。 本日も …

no image

たまには「役割」を手放してみよう

  人はそれぞれ、社会の中で「役割」を担っている生き物です。 男性であれば、会社では役職、例えば、上司であり部長であり。 家に帰れば、夫であり、父であり、一家の大黒柱であり。 親戚からすれば、子供であ …

【人間とは、”自覚”できる生物のことである】

パブロフの犬とは、 条件反射による刺激と反応の犬の実験のこと である。 ============== ◆人気ブログランキング◆ トップサイトからの ランキングクリックを お願い致します。 ↓↓↓ == …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter