仕事

ゴールは「フロントヘビー」で行こう

投稿日:

500x0_56287ef0-f1ac-49dd-9b22-04ee0a010067.png

 

◆社長ブログランキング◆
成長をとげる「挑戦者のブログ」、名だたる社長の中で○位です!
↓↓↓

社長ブログ ブログランキングへ

 

かの予定を立てたり、目標設定を行った場合を考えてみましょう。

 

ゴールに到達するまでの道筋を逆算して考えていきます。

 

そして、ゴールまでのやるべきことを箇条書きにリスト化していきます。

 

そのリストをスケジュールの中に落とし込んでいく、というのが普通の流れであると思います。

 

その時に、「前倒し」という概念と習慣をつけることはチャンスをつかむ人の習性であると言われます。

 

タイトルにある、「フロントヘビー」とは、前のめり、スタート時点を物凄く飛ばしていく、ということ。

 

前面に負荷をかけて、スピーディーに行動していく、ということです。

 

何かの予定がある場合、「面倒臭い」と思ってしまうことがどうしてもあったりしますね。

 

それがラクなことであった場合、期限に迫ってからようやく動き出すこともあるかと思います。

 

しかし、案外ラクではなく、期限ギリギリになる、もしくは、期限切れといった最悪のパターンを考えた場合、これは絶対避けていきたいわけです。


場合分けをしてみましょう。

 

1.一見、ラクそうに見えて本当にラクだった。

2.一見、ラクそうに見えて実は大変だった。

3.一見、大変そうに見えて実は、ラクだった。

4.一見、大変そうに見えて、本当に大変だった。

選択肢の2番になってしまうと、始めるのが遅い場合、ほぼアウトなわけです。


最初から大変そうに見えるのであれば、始めるのを早めるかもしれません。


しかし、すべての選択肢を考えた場合でも、やはりフロントヘビーであれば、確実に大丈夫ですね。


始めるのを早める利点、スピードを意識する利点としては、ゴール目前まで早く到達できれば、その後の調整がラクにできるということです。

 

ですから、「スタートを切る」のを早めてみましょう。


スピードはその次で構いません。


どんなに早くてもスタートを切るのが遅れれば、焦るし、出来上がりも雑になるし、ミスも増えるしでいいとこなしです。


スタートを早めれば、丁寧にできますね。


ここを意識していきましょう^^


水野直利

_ _ _ _

◆社長ブログランキング◆
成長をとげる「挑戦者のブログ」、名だたる社長の中で○位です!
↓↓↓

社長ブログ ブログランキングへ

 

◆水野直利オフィシャルメルマガ◆
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx40797/znDho2


※メルマガでは、ブログで書かないような有力な情報や
学びの場も提供しています。
独立の気概を持つあなたと関わります。
無料で登録できます。

 

-仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「雑用」を丁寧に素早くこなす

◆社長ブログランキング◆ 1日1クリック、いつもありがとうございます。 おかげさまで、⚪︎位! ↓↓↓   作業などの、いわゆる「雑用」という 類のものはダラダラとやってしまいがちです。 1日の生活の …

【初速を大切にしよう】

とりあえず、重要な物事と、 緊急を要する物事に関しては、 初速を早めてすぐに取りかかることが 大切だと考えています。 ============== ◆ランキングクリック◆ 上位、混戦模様のランキング。 …

【段取り8割、行動2割の原則】

目標を掲げて、行動を取る時、 ただ闇雲に動いても、目指すべき 目標物に到達するかわかりません。 ============== ◆ランキングクリック◆ 上位、混戦模様のランキング。 本日もサイトからの応 …

【断る勇気を持つと、断られることの免疫もつく】

営業の仕事をしていた時のこと、 日々、実績を上げて来る先輩は ものすごい量の件数の訪問先を こなしていました。 ============== ◆ランキングクリック◆ 上位、混戦模様のランキング。 本日 …

【自分の土俵で勝負しよう】

勝負をしようとする時、 自分の得意とする ”勝ちやすい土俵”というのが 必ず存在します。 ============== ◆人気ブログランキング◆ ご購読いただくあなたが、 ランキングクリックを押して …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter