考え方

人生において「ねばならない」ことは何もない

投稿日:

lgf01a201306041700

 

事や家事、普段の生活の中で、やるべきことというのがありますね。

このやることのリストは減っても減っても増え続けていきます。

やることのリストが人生からなくなることはありません。

やることリストがなくなるということはありませんが、これについて考察をしてみたいと思います。

人生において、僕らは僕らの意志で決められないことがあります。

それは、「生まれる」ことと「死ぬ」ことです。

僕らは自分の意志で生まれたわけではありません。

そして、自分の意志で死ぬものでもありません。

だから、僕らが選択したり決められるのは、「どう生きるか」ということです。

どう生きるかを細分化すると、

どう考えるか。

どう思うか。

どう感じるか。

どう行動するか。

誰とともにいるか。

何を大切にするか。

何が幸せか。

ということを自分で判断して定義づけていくことだと認識しています。

つまり、生まれてから死ぬまでの「人生の選択」においては、「自由」である、ということです。

だから、自分で決めて良いのです。

自由とは、他者と自分の尊厳を大切にしながら、責任を持って行動し、喜びの感情を得ていくこと、

といった具合に僕は定義しています。

この「定義づけ」の選択も自由であるということです。

つまり、義務感でやらなければいけないことは何もないということです。

もちろん、例えば子供が生まれたら「育てる」という責任が生まれますが、その責任の所在も

自分である限り、「自分がこの子を育てる」と主体的に決めることができるのです。

大切なのは、「ねばならない」と考えるのではなく、「自分はこう決める」と自分の人生の

オーナーになることです。

自分の人生にオーナーシップを持つということですね。

これが、できている人は日々の生活が充実していると思いますし、何か問題が訪れたとしても、

「ここを乗り越えれば、また一歩成長し、成長した分だけ価値を提供できる」

と考えて、主体的に行動できるのだと思います。

もちろん、苦しい時は自分で行動して周りに「素直に相談する」こともします。

周りと協力することも主体的に決めていくのです。

だから、自分の身の回りのささいな所から「自分で決める」ということをしてみることはとても大切なことであると考えています。

自分で決めるのは勇気がいる場面がありますし、誰かに選択してもらった方がラクだったりします。

しかし、どんな日々が充実しているか、を考えるとどんな行動をとれば良いかが自ずと見えてくるのではないでしょうか。

誰かに相談しても「最終決定」だけは、「自分で決めた」というプロセスを通過していきましょう。

その方が、決めた先の結果がどうであれ、体感できる体験が増えていき、充実した日々を送れると思います。

共に、自立した考え方と行動を起こせる関係性を築いていきましょう^^

水野直利

_ _ _ _

◆社長ブログランキング◆
いつもあなたに支えられています^^
↓↓↓

社長ブログ ブログランキングへ

 

◆水野直利オフィシャルメルマガ◆
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx40797/znDho2

※メルマガでは、ブログで書かないような有力な情報や

   学びの場も提供しています。
独立の気概を持つあなたと関わります。
無料で登録できます。

 

-考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

身体の健康を重要視しよう

  体が資本と言われます。 身体の健康を損ねたら元も子もありません。 どんなに何かに取り組んでいたり、挑戦していたりしていても、 心身ありきです。 心身を充実させるためのものです。 心身を磨き上げるこ …

一歩距離を置くと、冷静に判断できる

  物事が煮詰まった時、その物事と一旦距離を置くと、「問題」を冷静に客観視できたりします。 ずっと問題と向き合っていると、なかなか突破口が開けないことがあります。 すこし、勇気を持って気分転換してみた …

【”完璧”である必要はない】

完璧を目指すと、 自分自身にイライラが 募りやすくなります。 ============== ◆人気ブログランキング◆ 本日も、ご購読ありがとう ございます^^ ランキングクリックを お願い致します。 …

あらゆる「解釈」を心がけよう

  ◆社長ブログランキング◆ いつも支えられています^^ 応援していただけると、助かります。 ↓↓↓ 社長ブログ ブログランキングへ 1日を過ごしていると、また1週間を過ごしていると様々な局面に出くわ …

物事の視点をあえて「ズラす」技術

  ミケランジェロの「ダビデ像」をご存知でしょうか。 中学生の頃、美術の資料集で見ました。 初めて見た時は、なんとも感じませんでしたが、今見れば筋骨隆々としてとても男らしい風貌を感じます。 ダビデは聖 …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter