仕事

結果が出る人と結果が出ない人の簡単な「違い」

投稿日:

IMG_2911

 

ジネスや何か目標を立てて、それを成し遂げていく際に、

その結果を出せる人と、結果が出せないまま辞めてしまったり、

諦めてしまったりする人がいます。

では、この違いとは何なのかを考えてみたいと思います。

この場合、結果が出る人の3原則というのがよく言われます。

実際、結果が出る人とはどのような人なのか、

それは、

単純。

素直。

即行動。

もう一度言います。

単純。

素直。

即行動。

何かの分野で成果を出すと決めた場合、その分野ですでに成果の出ている

方から教えてもらうことが大切ですね。

いわば、師匠やメンターと言われる方。

経営で言ったら経営者や塾の先生など。

最初は「初心者」と言われる類ですから、「言われたこと」を行っていくと思います。

この際に、「単純」に「素直」に言われたことを、言われたまま「即行動」に移せる

人が、成果が出やすいのは考えてみればわかりますね。

「即行動」に移すべき理由というのは、言われたその直後が一番モチベーションが高いからです。

そこを頂点として、モチベーションは下がっていきます。

なぜ、モチベーションが下がるか。

それは、人間が「現状維持」を好む生き物であるからです。

現状に「慣れる」のです。

つまり、「モチベーション」という高ぶった感情が「元に戻る」のです。

だから、行動に移すのが遅れれば遅れるほど、「面倒臭い」という感情が芽生え、

何も行動を起こさなくなる、言わば、「現状維持」をしてしまうわけです。

だから、できるだけ早く行動することが大切になってきます。

そして、モチベーションは落ちるという前提で考えた方が良いと思っています。

だから、モチベーションが落ちたことを「悲観」するのではなく、モチベーションが落ちやすいシーンはどの場面かを把握しておくことが大切であると思います。

そして、結果が出ない人は、この3原則の逆を行っていることが頻繁にあるわけです。

やったことがないにもかかわらず、自分なりに捉え、自分なりに受け止めて、行動も自分なりに自分の「基準」で行っています。

もちろん、成果が出てきたら、「自立駆動」に転換して、自分で決めていく段階に入っていくのですが、初期段階で「自分なり」を持ってくることの「悲劇」を把握しておくべきであると思います。

何かに挑戦する場合はこの簡単な3原則を覚えておきましょう。

単純。

素直。

即行動。

自分の「創造性」を持ってくるのは、この後でも十分遅くはないと思います。

やっていきましょう^^

水野直利

_ _ _ _

◆社長ブログランキング◆
いつもあなたに支えられています^^
↓↓↓


社長ブログ ブログランキングへ

◆水野直利オフィシャルメルマガ◆
↓↓↓

https://brutality-ex.jp/fx40797/znDho2

 

※メルマガでは、ブログで書かないような有力な情報や
学びの場も提供しています。
 独立の気概を持つあなたと関わります。
無料で登録できます。

 

-仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【初速を大切にしよう】

とりあえず、重要な物事と、 緊急を要する物事に関しては、 初速を早めてすぐに取りかかることが 大切だと考えています。 ============== ◆ランキングクリック◆ 上位、混戦模様のランキング。 …

「意識」のスイッチを切り替えよう

僕が、学生時代にアルバイトで 営業をやっていた時の話です。 フルコミのバイトだったので、 売り上げた分、お金をいただくことができます。 もともと、営業には自信がなく、 自信がないまま営業を行っていまし …

ビジネスとは、「生き様」の布石を打つこと

    様々なメディアで情報発信を  するようになってから、  明らかに変わりました。 自分が経験してきた「痛み」と そこから一歩のし上がった「体験」 は必ず誰かの心の琴線に触れるもの だと …

【長い目でプランを練っていく】

最近では、オンラインスクールなどの ネットを利用した塾や専門学校も増え、 自宅にいながらでも趣味や学びたい分野を 学習できるようになりました。 ============== ◆人気ブログランキング◆ …

「継続」は、ファンありき

  1976年から40年間、続いていた大人気少年漫画の連載が終了するというニュースが入ってきました。 おなじみ、「こち亀」ですが、作者の秋本治氏が今月9月17日の掲載をもって、終了すると発表 …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter