人生観

苦しい時、そばにいてくれた人を大切にする

投稿日:

IMG_2908

 

基博(はたもとひろ)さんの歌、「ひまわりの約束」の冒頭のフレーズを聴くと、大切な人のことを想います。

そして、涙がでてきます。

「どうして、君が泣くの。まだ僕も泣いていないのに。

 自分より、悲しむから、辛いのがどっちかわからなくなるよ。」

以前にも書いた通り、僕は父を災害で亡くしました。

その時、付き合っていた大切な人とは今も大切なままです。

父の安否が分からない状態が数日続き、その後、救助隊から警察へ。

そして、警察からの一報で父が発見されたことが分かりました。

五体は満足であったことが幸いです。

ずっと、僕の父のことを気遣って電話してくれていた大切な人にそのことを連絡しました。

僕よりも先に、声を出してすすり泣く声が電話越しに聞こえてきました。

僕は、その時、そしてそれより前から、共に人生を歩むパートナーになることを悟っていたのかもしれません。

僕は、僕の父のこともすでに家族同様に思っていてくれたことが嬉しかったです。

様々に感情が入り乱れた当時、ずっと気遣ってくれたことは忘れることがありません。

当時の感情に合わせて、当時の情景も忘れることはありません。

大切な人と過ごす時間があることの「有り難み」を痛感できた貴重な経験だったのかもしれません。

だから、僕は「時間の大切さ」と「支えてくれる方への感謝の思い」をメッセージに変えて伝えていく使命があると思っています。

時間を無駄にしてしまった、と感じることがあるかもしれません。

しかし、「無駄にしてしまった」という感性を持っているということは、時間の大切さを認識している裏返しであるとも思います。

「時間を無駄にしてしまった」という感性さえも失うことの怖さがあると思います。

僕の好きなのコトバにこのようなものがあります。

「一番大切なことは、一番大切な人と過ごす時間を、一番大切にすることである」

一見当たり前のように聞こえるこの言葉を噛み締めてみてください。

どれだけ、これを行えているでしょうか。

日々の雑多のことがある中でも、大切な時間帯は、一番大切に扱いたいと思うわけです。

そんな家庭やコミュニティが増えれば、社会は少なからず良くなっていくと思っています。

キレイゴトであっても、良き思いを持ち続けることが大切であり、それを自ら行っていくことだと考えております。

キレイゴトが形になったとき、それはキレイゴトではなく、「現実」になったのです。

ぜひ、大切な日々を積み重ねていきましょうね。

水野直利
_ _ _ _
◆社長ブログランキング◆
いつも支えられています^^
↓↓↓

社長ブログ ブログランキングへ

◆水野直利オフィシャルメルマガ◆
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx40797/znDho2

※メルマガでは、ブログで書かないような有力な情報や
学びの場も提供しています。
 独立の気概を持つあなたと関わります。
無料で登録できます。



-人生観

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【不安の先取りをしない】

不安は雪だるま式に増えていくもので、 特に現代のような「先行き」の見えない と言われる時代であれば、尚更です。 ============== ◆ランキングクリック◆ 上位、混戦模様のランキング。 本日 …

本当に「大切なもの」を見つめ直そう

  日本にいれば、ものがあふれているので、正直「有り難み」を覚えにくい環境であると思います。 当たり前のように食べ物があり、当たり前のようにコンビニがあり、当たり前のようにインターネットがつ …

存在目的は「他者」により、定義づけられる

  自分が守りたいと心から思える存在が一人でもいれば、生きている「価値」は十二分にあります。 守りたいと心から思える存在を自分史上最高に尽くし、幸せにすることが「自分」の価値であると思えるからです。 …

人がどうかではなく、「自分」はどうなのか

  資本主義の社会は、ある意味で残酷な社会でもあると思うのです。   ビジネスにおいては、多くの方に価値を提供することが出来れば、それだけその人の付加価値が高まります。   その付 …

プライスレスな「価値」を発見していこう

  周りの景色をもう一度ゆっくり観察してみましょう。 僕らの周りには、お金では代替不可能なものや事柄がたくさんあります。 プラスレスな価値を発見していきましょう。 そうすれば、日々の雑多な中にも「有り …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter