生活

負のルーティーンの断ち切り方

投稿日:

18416555

 

チベーションが上がらない時はどのようにしていますか?

自分が叶えたい目標や、行っていきたいビジネスなどがあり、途中まで進んだはいいが、どこかでそれを達成したい「動機」を見失ってしまった場合、

どのようにして原点に立ち戻れば良いのでしょうか?

モチベーションが低い時は、たいてい、「負のルーティーン」に陥っています。

例えば、以下のものです。

・運動したいけどやらない、なぜ?

→手間がかかる、面倒臭い

・病院に行きたいけど、行かない、なぜ?

→時間がかかる、お金がかかる

・部屋が汚いけど、片付けられない、なぜ?

→どこから手をつけて良いかわからない

そして、運動をやらないと不健康になり、体調が崩れれば病院で診察してもらう必要性も出てきます。

しかし、診察にはお金や時間がかかると言って、先延ばしにしていたら、体調が優れない状態が続きます。

その状態が続けば、動くのが億劫になり、何もやる気がなくなります。

その倦怠感が続いた状態が「負のルーティーン」の状態です。

こんな状態が続いたら、どこからこの「ルーティーン」を断ち切っていますか?

僕の場合、「どこからでも行動して良い」ことにしています。

運動を少ししてみる。

部屋の掃除を「一箇所のみ」してみる。

時間がないから「時間を作って」診察してみる。etc

どこかで「面倒くさい、億劫だ」を越えていかなければならない、と思っています。

これを越えていくには、自分自身が「一歩を超える」行動をしていかねばなりません。

一歩の行動は「どこからでも、何でも」構わないと思っています。

行動しなければ、倦怠感は増幅されます。

倦怠感を越えていくには、行動していくこと。

それによって心がスッキリします。

まずは、立ち止まった状態を、どこからでも少し動いて、払拭していきましょう。

週末よろしくお願い致します。

水野直利

_ _ _ _

◆社長ブログランキング◆
いつもありがとうございます。
応援していただけると助かります^^
↓↓↓

社長ブログ ブログランキングへ

◆水野直利オフィシャルメルマガ◆
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx40797/znDho2

※メルマガでは、ブログで書かないような有力な情報や
学びの場も提供しています。
独立の気概を持つあなたと関わります。
無料で登録できます。

-生活

執筆者:

関連記事

継続は、やはり「力」なり

  コツコツと続けることは、やはり難しいことであり、どこかで止まってしまいがちです。 毎日、少しずつでもやると宣言しても、どこかで試練がきます。 その毎日の「少し」というものが、「重み」や「負担」とな …

寝る前と起きたあとの習慣

  寝る前は極力、考えないようにしましょう。 寝る前のウトウトしている時、というのは顕在意識と潜在意識の境目あると言われます。 この寝る前の微妙に意識がある時に、これからのこととか色々と考え …

疲れた時は、たくさん食べて寝よう

  何か普段とは違うイベントごとがあったり、自分が気を使うことがあった時は、精神的に疲れてしまう時があるかと思います。 そんな時は、「好きなものをたくさん食べて、たっぷり寝る」という行動のチャンネルも …

「当たり前」を当たり前に大切にする意識を持つ

  公共交通機関の利用の仕方には人柄が表れると感じます。 朝の慌ただしい時間帯は、早く乗りたい気持ちや急かされる気持ちは多くの方がお持ちであると思います。 しかし、多くの方がご利用するので「 …

「切り替える」力を養っていこう

  うまく物事が運ぶ時は、スイスイと進んでいくのでとても気持ちの良いものですね。 そして、自分はできる人間だと思い込み、感情的にも快感を覚えます。 しかし、物事がなかなか進まなかったり、思わぬアクシデ …