生活

負のルーティーンの断ち切り方

投稿日:

18416555

 

チベーションが上がらない時はどのようにしていますか?

自分が叶えたい目標や、行っていきたいビジネスなどがあり、途中まで進んだはいいが、どこかでそれを達成したい「動機」を見失ってしまった場合、

どのようにして原点に立ち戻れば良いのでしょうか?

モチベーションが低い時は、たいてい、「負のルーティーン」に陥っています。

例えば、以下のものです。

・運動したいけどやらない、なぜ?

→手間がかかる、面倒臭い

・病院に行きたいけど、行かない、なぜ?

→時間がかかる、お金がかかる

・部屋が汚いけど、片付けられない、なぜ?

→どこから手をつけて良いかわからない

そして、運動をやらないと不健康になり、体調が崩れれば病院で診察してもらう必要性も出てきます。

しかし、診察にはお金や時間がかかると言って、先延ばしにしていたら、体調が優れない状態が続きます。

その状態が続けば、動くのが億劫になり、何もやる気がなくなります。

その倦怠感が続いた状態が「負のルーティーン」の状態です。

こんな状態が続いたら、どこからこの「ルーティーン」を断ち切っていますか?

僕の場合、「どこからでも行動して良い」ことにしています。

運動を少ししてみる。

部屋の掃除を「一箇所のみ」してみる。

時間がないから「時間を作って」診察してみる。etc

どこかで「面倒くさい、億劫だ」を越えていかなければならない、と思っています。

これを越えていくには、自分自身が「一歩を超える」行動をしていかねばなりません。

一歩の行動は「どこからでも、何でも」構わないと思っています。

行動しなければ、倦怠感は増幅されます。

倦怠感を越えていくには、行動していくこと。

それによって心がスッキリします。

まずは、立ち止まった状態を、どこからでも少し動いて、払拭していきましょう。

週末よろしくお願い致します。

水野直利

_ _ _ _

◆社長ブログランキング◆
いつもありがとうございます。
応援していただけると助かります^^
↓↓↓

社長ブログ ブログランキングへ

◆水野直利オフィシャルメルマガ◆
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx40797/znDho2

※メルマガでは、ブログで書かないような有力な情報や
学びの場も提供しています。
独立の気概を持つあなたと関わります。
無料で登録できます。

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

時間と脳の使い方

  読書してみると気づくことがあります。 忙しい時の隙間時間の読書の方が、よく覚えていて実践しやすいということです。 とても時間が有り余っている時に、たっぷりと読書しようと思っても、なかなか …

ゆるい「つながり」を活かしていこう

  インターネットが発達して久しくなりました。 今まで、確固として築かれていた「さかい目」がなくなり、なだらかでおおらかな「つながり」が世界に浸透したように思います。 日本からしたら、ブラジルは地球の …

no image

「何もしない」をしよう

何か予定を入れて、休みの日でもスケジュールをギシギシに詰めることがあります。 「忙しい」状態を自ら作り出し、そこに安心感を覚えるからです。 なぜ、そのような「状態」を作り出してしまうかというと、平日は …

寝る前と起きたあとの習慣

  寝る前は極力、考えないようにしましょう。 寝る前のウトウトしている時、というのは顕在意識と潜在意識の境目あると言われます。 この寝る前の微妙に意識がある時に、これからのこととか色々と考え …

最初の「行動」で「自分」を変える vol.2

  昨日の話の続き。 小学生の頃、最初は活発で授業中に手を挙げていたにもかかわらず、クラスメートの陰口で引っ込み思案になってしまった僕。 このままではいけないと思いながら、小学校を卒業。 「自分」が出 …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter