心理学

徹し切ったら、手放す

投稿日:

i320 (1)

 

しい時に、楽しもう。

嬉しい時に、嬉しがろう。

悲しい時に、悲しがろう。

悔しい時に、悔しがろう。

怒れる時に、腹を立てよう。

そして、それに「執着」しないようにしよう。

「執着」すると、心に負荷がかかり、体が重くなる。

体が重くなると、行動が鈍くなる。

行動が鈍くなるとさらに、ネガティブにとらわれやすくなる。

哲人中村天風氏は、著書の中で、

「怒ったり、悲しんだり、痛いとか、憂いとかいう場合、

それを握ったら離さない。

それがいけないのだ。」

と語っています。

「執着」をパッと手放す練習をしておくと、「執着」を手放せるようになります。

ネガティブな「執着」を手放してみましょう。

心に負担がかかっていたら、何に気をとられているか、意識してみると大抵小さいことが多かったりしますね。

小さいことに意識を向けすぎないようにして本当に「意識」したいことに集中できたら良いですね^^

本日もよろしくお願い致します。

水野直利

_ _ _ _

◆社長ブログランキング◆
いつもありがとうございます^^
応援していただけると、助かります。
↓↓↓

社長ブログ ブログランキングへ

◆水野直利オフィシャルメルマガ◆
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx40797/znDho2

※メルマガでは、ブログで書かないような有力な情報や
学びの場も提供しています。
独立の気概を持つあなたと関わります。
無料で登録できます。

-心理学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ポジティブ心理学の「誤解」とは

  巷で、ポジティブシンキング、ポジティブ心理学が叫ばれて久しくなりました。 ポジティブ、前向きに物事を捉えて実践を行うことは、人生を好転する上で、とても大切なことであると思いますし、これを否定する気 …

人は誰しも「共感」体験を欲している

すべての悩みは「人間関係に行き着く」と解き、 多くの方の共感を得て、ミリオンセラーとなった 「嫌われる勇気」という本があります。 アドラー心理学というもので、 目的論的心理学というものです。 最初読ん …

【感情の”自転車操業”に陥らない】

ここではない”どこか”に幸福がある、 と信じ、求め続けてフラフラ動き続けて、 結果、どこにも求める”幸福”がなかったという 物語があります。 ============== ◆ランキングクリック◆ 上位 …

欲求をうまく活用しよう

  人は誰しも欲求をもっています。 欲求自体が悪いものではありません。 過度に欲求が暴走し、歯止めが利かなくなる状態が危険で、悪い、という状態です。 上記のような話をどこかから、聞いたことがあるかもし …

「フロー」を体感しよう

  ◆社長ブログランキング◆ いつも支えられています^^ 応援していただけると、助かります。 ↓↓↓ 社長ブログ ブログランキングへ   高校3年生の夏、全国大会への切符をかけたテ …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter