心理学

ポジティブ心理学の「誤解」とは

投稿日:

IMG_3087 (1)

 

で、ポジティブシンキング、ポジティブ心理学が叫ばれて久しくなりました。

ポジティブ、前向きに物事を捉えて実践を行うことは、人生を好転する上で、とても大切なことであると思いますし、これを否定する気は毛頭ありません。

しかし、この「ポジティブ心理学」で謝って認識されていることがある、ということに先日メディアを見ていて、気づきました。

前向きに、ポジティブな「意識」を持つことは行動をしていく上で、また成果を上げていく上でもとても大切なことです。

だから、僕もそれを意識して、声に出したり、意識をしたりしています。

しかし、時たま思っていました。

そして、時たま口にも出したりしてました。

「あ~、しんどい。。」

「あ~、疲れた。。」

「これ、無理やん。。」

これらの、いわゆる「ネガティブ」な発言をしてしまうことがどうしても起こってしまします。

そして、このような発言をする度に、

「また言ってしまった。。」

とも思っていました。

根っからの明るい性格で、本当に何事も「前向き」な性質を持っていればこんなことはつぶやかないかもしれません。

しかし、どうしても何気に口ずさんでしまうネガティブワード。

しかし、極限までネガティブワードをゼロにしようとすると、過剰なストレスがかかるなあとも思っていました。

しかし、ポジティブ・ネガティブ比率というものがあるのを知りました。

ご存知の方は多いと思います。

ポジティブ・ネガティブ比率(P/N比)とは。

これは、ポジティブワードとネガティブワードを口に出す比率のことです。

このP/N比が3以上、つまり(P/N比)=(3:1)以上の場合、

健康・幸福度・仕事の充実度が高いというデータがあるそうです。

つまり、ポジティブ心理学では「ネガティブな発言をしてはいけない」とは言っていないわけです。

ネガティブな発言をしても、それ以上にポジティブワードを多くすれば大丈夫。

むしろ、ネガティブワードをゼロにすると相当なストレスがかかるもの。

だから、ネガティブも1はあった方が良いとのこと。

正直な気持ちを、口にポロッと出したとしても、後から前向きに捉えて頑張っていこうとする発言や意識を持つことが大切だということですね^^

「結果的に」プラスに転じれば良いということ。

本日もよろしくお願い致します。

水野直利

_ _ _ _

◆最短最速で月7桁を稼ぐプロジェクト◆
ご注目ください!
↓↓↓
http://marineaff.info/ad/3323/513406


◆社長ブログランキング◆
いつも支えられています^^
応援していただけると、助かります。
↓↓↓

社長ブログ ブログランキングへ

◆水野直利オフィシャルメルマガ◆
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx40797/znDho2

※メルマガでは、ブログで書かないような有力な情報や
学びの場も提供しています。
独立の気概を持つあなたと関わります。
無料で登録できます。

-心理学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【感情の”自転車操業”に陥らない】

ここではない”どこか”に幸福がある、 と信じ、求め続けてフラフラ動き続けて、 結果、どこにも求める”幸福”がなかったという 物語があります。 ============== ◆ランキングクリック◆ 上位 …

【人間とは、”自覚”できる生物のことである】

パブロフの犬とは、 条件反射による刺激と反応の犬の実験のこと である。 ============== ◆人気ブログランキング◆ トップサイトからの ランキングクリックを お願い致します。 ↓↓↓ == …

人は誰しも「共感」体験を欲している

すべての悩みは「人間関係に行き着く」と解き、 多くの方の共感を得て、ミリオンセラーとなった 「嫌われる勇気」という本があります。 アドラー心理学というもので、 目的論的心理学というものです。 最初読ん …

自分の「全て」を受け容れよう

  ◆社長ブログランキング◆ いつも支えられています^^ 応援していただけると、助かります。 ↓↓↓↓↓↓ 社長ブログ ブログランキングへ アドラー心理学が巷で有名になってから久しいです。 …

欲求をうまく活用しよう

  人は誰しも欲求をもっています。 欲求自体が悪いものではありません。 過度に欲求が暴走し、歯止めが利かなくなる状態が危険で、悪い、という状態です。 上記のような話をどこかから、聞いたことがあるかもし …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter