生活

「捨てる」決断をしよう

投稿日:

lgf01a201310211600

 

「整理整頓」というコトバがあります。

「整理」というのは、必要な物と不必要な物に分け、不必要な物を捨てること。

「整頓」とは、必要な物を新たに配置すること。

整理整頓で、先に整頓してしまっては、不必要な物が何かわかりません。

まずは、1ヶ月使わなかったり、1年使わなかった物、これからも使わないと想定されるものを思い切って捨ててみる。

多くの方は、おそらく「整頓」はできますが、「整理」は苦手であるのではないでしょうか。

僕も、どうしても「もったいない」という意識が働いて捨てるのに躊躇する事がありました。

しかし、「もったいない」というのは人間主体ではなく、物主体であること、

そして、時間軸が「未来」であること、が問題だと言われます。

大切なことは、「今」必要かどうか。

また、それを「自分」が必要かどうか、ということ。

そして、「物を捨てる」という行為は、「物を持つ」という行為に比べ、多くのエネルギーを要するのだということです。

物を捨てたことによって、それが必要になってきた、ということもありますね。

しかし、それは「捨てたからこそ」必要になった、という考え方もあります。

それを前向きに捉えていくと「前向きに」整理整頓に取り組めるのではないでしょうか。

本当に必要なものだけに、囲まれた空間で素敵なアイディア、心地の良い状態を作っていきたいですね^^

本日もよろしくお願い致します。

水野直利

_ _ _ _

◆最短最速で月7桁を稼ぐプロジェクト◆
ご注目ください!(残り10日間)
↓↓↓
http://marineaff.info/ad/3323/513406


◆社長ブログランキング◆
いつも支えられています^^
応援していただけると、助かります。
↓↓↓

社長ブログ ブログランキングへ


◆水野直利オフィシャルメルマガ◆
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx40797/znDho2

※メルマガでは、ブログで書かないような有力な情報や

学びの場も提供しています。

独立の気概を持つあなたと関わります。

無料で登録できます。

-生活

執筆者:

関連記事

負のルーティーンの断ち切り方

  モチベーションが上がらない時はどのようにしていますか? 自分が叶えたい目標や、行っていきたいビジネスなどがあり、途中まで進んだはいいが、どこかでそれを達成したい「動機」を見失ってしまった場合、 ど …

「当たり前」を当たり前に大切にする意識を持つ

  公共交通機関の利用の仕方には人柄が表れると感じます。 朝の慌ただしい時間帯は、早く乗りたい気持ちや急かされる気持ちは多くの方がお持ちであると思います。 しかし、多くの方がご利用するので「 …

no image

「何もしない」をしよう

何か予定を入れて、休みの日でもスケジュールをギシギシに詰めることがあります。 「忙しい」状態を自ら作り出し、そこに安心感を覚えるからです。 なぜ、そのような「状態」を作り出してしまうかというと、平日は …

寝る前と起きたあとの習慣

  寝る前は極力、考えないようにしましょう。 寝る前のウトウトしている時、というのは顕在意識と潜在意識の境目あると言われます。 この寝る前の微妙に意識がある時に、これからのこととか色々と考え …

最初の「行動」で「自分」を変える vol.2

  昨日の話の続き。 小学生の頃、最初は活発で授業中に手を挙げていたにもかかわらず、クラスメートの陰口で引っ込み思案になってしまった僕。 このままではいけないと思いながら、小学校を卒業。 「自分」が出 …