挑戦

劣悪な環境で訓練する

投稿日:

IMG_3087

 

りの環境から、多分に影響を受けるということは本当に多いと思います。

自分が不遇な、理不尽な環境であればそこから抜け出したいと思いますね。

しかし、必然的に通過しなければならない「劣悪」な環境であればあるほどそこで思考をフル回転させて改善する行動をとることは、

次の環境でも生かされてくるということは本当にたくさんあります。

現在から未来を見てみると、いろんな選択肢があり、どの未来を取るべきかは自分のこの先の行動にかかっているわけです。

まさにパラレルワールドですね。

しかし、現在から過去を見た時は、すべて一本道になっていて繋がっていることがわかります。

つまり、今の自分というのは「過去の決断、選択の結果」であるということです。

今の延長線上に望む未来、状態がないなら選択の「質」を高めていきたいですね。

今日1日のなかでも、今までにない小さな選択を取る行動をしていきます^^

本日も宜しくお願い致します。

水野直利

_ _ _ _

◆社長ブログランキング◆
いつも支えられています^^
応援していただけると、助かります。
↓↓↓

社長ブログ ブログランキングへ


◆水野直利オフィシャルメルマガ◆
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx40797/znDho2

※メルマガでは、ブログで書かないような有力な情報や

学びの場も提供しています。

独立の気概を持つあなたと関わります。

無料で登録できます。

 

 

-挑戦

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

人は「アウェイ」で磨かれる

  全く行ったことない場所や、話したことのない人と話すとき。 ちょっと勇気を出さないといけないかもしれません。 自分の慣れ親しんだ環境なら、仕事もやりやすいですね。 慣れ親しんだ仲間なら、気兼ねなく話 …

【リーダーは孤独な存在である】

高校生の頃のテニス部で 先輩たちが最後の大会を終え、 抜けた後の高校2年生から キャプテンを務めました。 ============== ◆人気ブログランキング◆ ご購読いただくあなたが、 ランキングク …

no image

確実性を選ぶ多数派と、不確実性を選ぶ少数派

  確実にうまくいくことなら、誰でも挑戦して行動することができると思います。 問題なのは、「不確実性」を含みながらも、自分の成りたいもの、やりたいこと、叶えたいもののために行動できるかどうか。 確実に …

「改革」は一人の勇気ある「行動」から

  僕がビジネスでお世話になっている、元電通マンの藤沢涼さんが週間エコノミストの中で電通に関して、組織に所属していた立場からの記事が掲載されています。 いわゆる「既得権益」に関しての実態が書いてあり、 …

【ピンチの数ほど、輝きは増す】

ピンチは焦ります。 ピンチの時は、自分の置かれている 状況に嫌気がさして、逃げ出したくなる ことも多々あると思います。 ============== ◆ランキングクリック◆ 上位、混戦模様のランキング …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter