考え方

「弱さ」を認めると再出発できる

投稿日:

IMG_3116

 

「ごめんなさい。」

この言葉が出てこなくて、人間関係がこじれてしまうことがあります。

本当は言った方が良いことは自分の心がわかっているのに、意固地になって言おうとしない。

スネた状態で、ずっと不機嫌でいる。

この間に、時間はどんどん進んでいくのに。

「ごめんなさい」の一言は、「ありがとう」の一言よりも勇気がいることかもしれません。

自分の弱さを認めること、非を認めることは勇気がいります。

しかし、自分の「弱さ」を見つめて、そこを認めると次に進めます。

もう一度、ゼロから再出発することができます。

それは「弱さ」のモヤモヤが、「ごめんなさい」と言葉で認めることによって、表に出て心の中が解放されるからです。

強がることはいくらでもできます。

本当に強い人は、自分の弱さを認めることのできる人なのではないでしょうか。

人と衝突した時、うまくいかない時、ちょっとこじれてしまった時、しっかりと話し合ってみましょう。

自分に非があることは認めましょう。

あなたがしっかりと再スタートを切るために^^

本日も宜しくお願い致します。

水野直利

_ _ _ _

◆社長ブログランキング◆
いつも支えられています^^
応援していただけると、助かります。
↓↓↓


社長ブログ ブログランキングへ

◆水野直利オフィシャルメルマガ◆
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx40797/znDho2

※メルマガでは、ブログで書かないような有力な情報や

学びの場も提供しています。

独立の気概を持つあなたと関わります。

無料で登録できます。

-考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

知る、覚える、動く、考える

  タイトルの4つの中で、1つだけ、他の3つと違うものがあります。 それは、なんでしょうか。 答えを、見る前にあなたの頭で考えてみてください。 このプロセスが重要になってきます。 他の3つは、この1つ …

no image

どの「後悔」を選択しようか

  人生長く生きれば生きるほど、それに比例して「後悔」の量も多くなってくるのではないかと感じております。 僕ら日本人の平均年齢である80歳まで生きるとして、80歳の時に、 「わしの人生に後悔の文字は1 …

不器用であることの「利点」

  自分が「不器用だな」と思ったことはあるでしょうか。 不足だな、不器用だな。 あの人みたいに、効率良く物事や人間関係もうまくやれたら良いのにと。 自己嫌悪に陥ってしまったり、なんで自分はこんな自分な …

一歩距離を置くと、冷静に判断できる

  物事が煮詰まった時、その物事と一旦距離を置くと、「問題」を冷静に客観視できたりします。 ずっと問題と向き合っていると、なかなか突破口が開けないことがあります。 すこし、勇気を持って気分転換してみた …

「シンプル」を意識しよう

◆社長ブログランキング◆ 1日1クリック、いつもありがとうございます。 おかげさまで、⚪︎位! ↓↓↓   数年前に、東京に引っ越しベンチャー起業で 働いていた頃、多忙な生活に毎日家に帰ると …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter