人生観

あの日の夏を思う

投稿日:

20daikarano_0721

 

ようやく関東も梅雨が明けましたね。

ここまで遅いのは13年ぶりだそうです。

ふと、13年前を思い出すと、確かにあの時の夏はとても梅雨明けが遅かったように思います。

13年前というと僕は中学3年生でした。

部活に燃えていた3年生。

最後の大会、テニスは団体戦、個人戦があります。

団体戦は愛知県大会ベスト8で惜しくも東海大会へは一歩及ばず。

個人戦は県で3位になり、東海大会への切符を手にしていました。

このテニスの地方大会から順々に勝ち上がる中でも、いつも曇り空、グズグズした天気だったのを覚えています。

あの時の、メンバーとの仲間意識と絶対に全国に勝ち上がる、という強い決意を今でも思い出します。

いつも思いますが、やはり、常にライバルは「過去の自分」。

他人ではなく、過去の自分であると思います。

高校球児たちの青春は、野球に限らず、今年もいろんな球技、各地で素敵な涙、嬉し涙、悔し涙が流されていると思います。

彼らの、純で熱い思いをしっかりと見届け、今年の夏も乗り越えていきたいと思います^^

水野直利

_ _ _ _

◆社長ブログランキング◆
いつも支えられています^^
応援していただけると、助かります。
↓↓↓

社長ブログ ブログランキングへ


◆水野直利オフィシャルメルマガ◆
↓↓↓
https://brutality-ex.jp/fx40797/znDho2

※メルマガでは、ブログで書かないような有力な情報や

学びの場も提供しています。

独立の気概を持つあなたと関わります。

無料で登録できます。

-人生観

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

プライスレスな「価値」を発見していこう

  周りの景色をもう一度ゆっくり観察してみましょう。 僕らの周りには、お金では代替不可能なものや事柄がたくさんあります。 プラスレスな価値を発見していきましょう。 そうすれば、日々の雑多な中にも「有り …

本当に「大切なもの」を見つめ直そう

  日本にいれば、ものがあふれているので、正直「有り難み」を覚えにくい環境であると思います。 当たり前のように食べ物があり、当たり前のようにコンビニがあり、当たり前のようにインターネットがつ …

1日の「区切り」で生きよう

この先の展望が読めずに、 ちょっと先の未来に関しても 不安に思う時、あなたはどうしていますか? 誰しも将来に関して、 不安に思うことは多かれ少なかれ あるのではないでしょうか。 しかし、時間というのは …

no image

人生の「本番」はいつなのか

人前で何かを発表したり、報告したりというのが仕事の場面においてしばしばあると思います。 仕事でなくても何かを伝えたりするのは日常の中で何度もあるかと思います。 僕たちは、「本番」に向けていつも「準備」 …

最後に「結果」が出た時、苦しみは全て輝かしいプロセスに変わる

  過去と他人は変えられない。 未来と自分は変えられる。 このコトバはどこかのタイミングで聞いたことがあるかもしれません。 なるほど、未来と自分は変えられると思いますし、自分が影響を及ぼせる「範囲内」 …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter