生活

日々の愚直さを大切にしよう

投稿日:

赤ちゃん外人

大きなイベントや大きな大会、催し物があった時は、とても気分が向上したります。

モチベーションも上がるし、感情もかなり高まっています。

そういった大会に参加することは人生の中で有意義なことの一つであると思います。

それと同時に、日々の何気ない毎日の作業を丁寧にやること、

これも人生の中で最も大切なものの一つであると考えています。

毎日の作業をコツコツと丁寧にやることでしか、大きな実績を積み上げるところまではいかないからです。

この愚直な作業を楽しくやれること、楽しくやれるように練習したり、訓練したりすることが大切なのではないでしょうか。

チリモ積もれば山となる。

カメのような歩み。

千里の道も一歩ずつ進んでいきましょう。

一歩ずつ進んでいきたいですね。

本日も宜しくお願い致します。

水野直利

_ _ _ _

◆最新のビジネス案件◆
ご注目ください(8月末まで)
http://outstanding-affiliatecenter.com/ad/3558/501964


◆社長ブログランキング◆
いつも支えられています^^
応援していただけると、助かります。
↓↓↓

社長ブログ ブログランキングへ

 

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

継続は、やはり「力」なり

  コツコツと続けることは、やはり難しいことであり、どこかで止まってしまいがちです。 毎日、少しずつでもやると宣言しても、どこかで試練がきます。 その毎日の「少し」というものが、「重み」や「負担」とな …

心の「モヤモヤ」を解放させよう

  不安要素を書き出してみましょう。 なぜだか、漠然と不安が押し寄せてくる時は、「小さな心のひっかかり」がある程度の数、心に溜まっている可能性が高いです。 一つ一つの問題というのは差し支えのない問題ば …

ネットを通して、「相互協力」の関係を築こう

  日課として、体幹を鍛えるトレーニング、腕立て伏せを行っています。 その中で、背筋を鍛えたいと思い、効果的で無理のない背筋のトレーニングをインターネットで調査していました。 今や、インターネットをう …

負のルーティーンの断ち切り方

  モチベーションが上がらない時はどのようにしていますか? 自分が叶えたい目標や、行っていきたいビジネスなどがあり、途中まで進んだはいいが、どこかでそれを達成したい「動機」を見失ってしまった場合、 ど …

最初の「行動」で「自分」を変える vol.1

  小学生の頃の僕は、とても内気で引っ込み思案でした。   低学年から4年生までにかけては、ある程度活発であったのに、   5年生、6年生の時は、授業中に「手を挙げる」ということを、   ほとんどした …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter