挑戦

「改革」は一人の勇気ある「行動」から

投稿日:

IMG_3287

 

がビジネスでお世話になっている、元電通マンの藤沢涼さんが週間エコノミストの中で電通に関して、組織に所属していた立場からの記事が掲載されています。

いわゆる「既得権益」に関しての実態が書いてあり、実に興味深い内容でした。

組織の中にいた者にしかわからない「事実」があると思います。

その内容をある意味、告発するのはとても勇気がいることであり、より長期的な視野に立って抜本的な解決を望む立場でしかできないことであると感じる内容でした。

僕も、コミュニティや会社といった組織に属していた頃、やはりその中でしかわからない「内容」があります。

すべての会社の目的は、社会への貢献と恒久的な平和実現への寄与であると思いますが、大義は目の前の利益の前では霞んでしまうことが往々にしてあると思います。

組織の「雰囲気」というのは、長きに渡って作り出されてきたものであるので、それを抜本的に解決するとなると必ず「痛み」を伴いますし、改革派と保守派で真っ向から対立せざるを得ない状況になったりします。

明治維新の時も、日本が全体的に血が出るほどの抜本的な雰囲気の改革であったと思います。

日本全体に流れている「空気感」がガラッと変わったに違いありません。

そして、このような改革は一人の人間や少数派から一気に広がっていきます。

勇気ある行動が、一気に時代の流れを作っていくということかもしれません。

時代にそぐわない「流れ」や「やり方」は行き詰まったら、淘汰されていくのかもしれません。

しかし、その組織の中にいたら「井の中の蛙」状態になり、その空気感に流されてしまうのが大半だと思います。

強い信念や精神力がなければ、良いものは取り入れ、悪しき文化は真似せずといった「取捨選択」の行動はとれないのではないでしょうか。

「裸の王様」は、純粋で素直な子供によってその真実が叫ばれました。

そのような文化の中で、自分だったらどのような行動が取れただろうか、などと当事者意識を持って読ませていただきました。

とても濃い内容で、何を考えどう行動すべきか考えさせられるものでした。

時代の流れを読んで、良き文化を残して、新しいものも取り入れる柔軟性を持ちたいを改めて感じた次第です^^

水野直利

_ _ _ _ 

◆最新のビジネス案件◆
ご注目ください(8月末まで)
http://outstanding-affiliatecenter.com/ad/3558/501964


◆社長ブログランキング◆
いつも支えられています^^
応援していただけると、助かります。
↓↓↓


社長ブログ ブログランキングへ

-挑戦

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【思考と行動はやっぱりバランス】

人に会って楽しく話す。 仕事の打ち合わせをする。 本を読んで、熟考する。 一人静かに瞑想する。 頭を使って考える時間と、 人と会って話をしたり、 具体的に行動する時間帯について、 やはりバランスだと感 …

【あなたを飛躍させる3つの目を把握しよう】

自分自身を見つめ、動き出し、 何かを築き上げるプロセスで 大切な3つの目をご存知でしょうか?? ============== ◆人気ブログランキング◆ 本日も、ご購読ありがとう ございます^^ ランキ …

【”得意分野”を探し続ける】

小学生の頃、地元の少年野球の チームに所属していました。 ============== ◆人気ブログランキング◆ 本日も、ご購読ありがとう ございます^^ ランキングクリックを お願い致します。 ↓↓ …

人は「アウェイ」で磨かれる

  全く行ったことない場所や、話したことのない人と話すとき。 ちょっと勇気を出さないといけないかもしれません。 自分の慣れ親しんだ環境なら、仕事もやりやすいですね。 慣れ親しんだ仲間なら、気兼ねなく話 …

行動力とは、「エネルギー」である

  エネルギーレベルの高い人がいます。 そのエネルギーレベルの高い人とはどのような人なのでしょうか。 それは行動力のある人です。 僕は学生時代、理系でしたので物理学を学んでいました。 物理学 …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter