仕事

「自己承認欲求」に特化したビジネスモデル

投稿日:

child-627538_960_720

 


◆社長ブログランキング◆
1日1クリック、いつもありがとうございます。
おかげさまで、⚪︎位!
↓↓↓

 

SNSが発達して久しいですが、

このソーシャルメディアと言われるものは、

人間心理を考えた上での

ビジネスモデルとしては、

とても優秀だと思うわけです。

冒頭にもあるように、

基本的に人間は「自己承認欲求」という欲を

持ち合わせています。

いわゆる、「認められたい願望」

というやつですね。

これが、良いとか悪いとかの問題ではなく、

人間として生まれた時点で

持っているということです。

SNSはこれをうまく

活用していると思うわけです。

Facebookの「いいね」や「コメント」、

「シェア」は、相手からされると

基本的には、「嬉しいなあ」という

感情が芽生えます。

だから、自分が行った投稿に関して、

「いいね」がどのくらい集まったか、

ちょいちょい見てしまうわけです。

承認欲求は、それを求めすぎてしまうと、

認められなかった時のある意味

「裏切られた」ような感覚を

持ってしまいますが、これによって、

人類が科学を進歩させて発展してきた

経緯があるのでは、ないでしょうか。

だから、「相手の価値を認めてあげること」は、

とても大切だと思います。

認めて欲しいと思う前に、

まずは認めてあげる。

理解して欲しいと願う前に、

まずは理解を示してあげる。

話をする前に、まずは話を聴いてあげる。

相手の承認欲求を満たしてあげることが、

人間関係を築く上でも大切だと考えています。

営業をやっていた頃、お客様と

プライペートな話に発展することがありました。

人生経験上、様々な過去をお持ちのお客様と

対面した時、泣きながら

話してくれる方もいらっしゃったわけです。

そんな時は、ただただ聴いてあげることに徹していました。

聴いてあげることでお客様の中に長年、

鬱積していた複雑な「負の感情」が解き放たれ、

糸を少しずつほどいていくように、

感情面で解放されていくのが分かります。

「痛みの共感」がこれほど、

人の心を近づけさせるのかと思わされました。

現代は、ネットを介して様々な

コミュニケーションの形が生まれていますが、

それに伴って「自分を見て欲しい」という

承認欲求も高まっているように思います。

この欲求が自分の中にも確実に存在することを認識し、

適度な距離感でネットを利用する。

そして、認め合える存在、

コミュニケーションを

なしていけたら幸いであると考えています。

水野直利

_ _ _ _


◆副業のあれこれ辞典◆
副業について、資金を最小限に抑えた手法を、
公開しています。
http://directlink.jp/tracking/af/1446072/i88cE46U/


◆社長ブログランキング◆
1日1クリック、いつもありがとうございます。
おかげさまで、⚪︎位!
↓↓↓

-仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【何のために働くのか!?】

地方の営業活動を仕事でしていた頃、 空いた時間があれば本屋に立ち寄って いました。 ============== ◆ランキングクリック◆ 上位、混戦模様のランキング。 本日もサイトからの応援を お願い …

一瞬の「ひらめき」を大事にしよう

  僕が仕事で営業をしていた時のことです。 飛び込み営業で1日の目標を持ち、朝から晩まで訪問していたことがあります。 今思えばよくやっていたな、、と思いますが、 エリアによって訪問した際に出てくるお客 …

時間短縮ツールで「時間」を潰さない

  ◆社長ブログランキング◆ いつも支えられています^^ 応援していただけると、助かります。 ↓↓↓     ひと昔前の人々は、久々に友人や兄弟、家族と再会する時、どれだけ胸が弾む …

【長い目でプランを練っていく】

最近では、オンラインスクールなどの ネットを利用した塾や専門学校も増え、 自宅にいながらでも趣味や学びたい分野を 学習できるようになりました。 ============== ◆人気ブログランキング◆ …

【自分の土俵で勝負しよう】

勝負をしようとする時、 自分の得意とする ”勝ちやすい土俵”というのが 必ず存在します。 ============== ◆人気ブログランキング◆ ご購読いただくあなたが、 ランキングクリックを押して …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter