仕事

「自己承認欲求」に特化したビジネスモデル

投稿日:

child-627538_960_720

 


◆社長ブログランキング◆
1日1クリック、いつもありがとうございます。
おかげさまで、⚪︎位!
↓↓↓

 

SNSが発達して久しいですが、

このソーシャルメディアと言われるものは、

人間心理を考えた上での

ビジネスモデルとしては、

とても優秀だと思うわけです。

冒頭にもあるように、

基本的に人間は「自己承認欲求」という欲を

持ち合わせています。

いわゆる、「認められたい願望」

というやつですね。

これが、良いとか悪いとかの問題ではなく、

人間として生まれた時点で

持っているということです。

SNSはこれをうまく

活用していると思うわけです。

Facebookの「いいね」や「コメント」、

「シェア」は、相手からされると

基本的には、「嬉しいなあ」という

感情が芽生えます。

だから、自分が行った投稿に関して、

「いいね」がどのくらい集まったか、

ちょいちょい見てしまうわけです。

承認欲求は、それを求めすぎてしまうと、

認められなかった時のある意味

「裏切られた」ような感覚を

持ってしまいますが、これによって、

人類が科学を進歩させて発展してきた

経緯があるのでは、ないでしょうか。

だから、「相手の価値を認めてあげること」は、

とても大切だと思います。

認めて欲しいと思う前に、

まずは認めてあげる。

理解して欲しいと願う前に、

まずは理解を示してあげる。

話をする前に、まずは話を聴いてあげる。

相手の承認欲求を満たしてあげることが、

人間関係を築く上でも大切だと考えています。

営業をやっていた頃、お客様と

プライペートな話に発展することがありました。

人生経験上、様々な過去をお持ちのお客様と

対面した時、泣きながら

話してくれる方もいらっしゃったわけです。

そんな時は、ただただ聴いてあげることに徹していました。

聴いてあげることでお客様の中に長年、

鬱積していた複雑な「負の感情」が解き放たれ、

糸を少しずつほどいていくように、

感情面で解放されていくのが分かります。

「痛みの共感」がこれほど、

人の心を近づけさせるのかと思わされました。

現代は、ネットを介して様々な

コミュニケーションの形が生まれていますが、

それに伴って「自分を見て欲しい」という

承認欲求も高まっているように思います。

この欲求が自分の中にも確実に存在することを認識し、

適度な距離感でネットを利用する。

そして、認め合える存在、

コミュニケーションを

なしていけたら幸いであると考えています。

水野直利

_ _ _ _


◆副業のあれこれ辞典◆
副業について、資金を最小限に抑えた手法を、
公開しています。
http://directlink.jp/tracking/af/1446072/i88cE46U/


◆社長ブログランキング◆
1日1クリック、いつもありがとうございます。
おかげさまで、⚪︎位!
↓↓↓

-仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ビジネスとは、「生き様」の布石を打つこと

    様々なメディアで情報発信を  するようになってから、  明らかに変わりました。 自分が経験してきた「痛み」と そこから一歩のし上がった「体験」 は必ず誰かの心の琴線に触れるもの だと …

結果が出る人と結果が出ない人の簡単な「違い」

  ビジネスや何か目標を立てて、それを成し遂げていく際に、 その結果を出せる人と、結果が出せないまま辞めてしまったり、 諦めてしまったりする人がいます。 では、この違いとは何なのかを考えてみたいと思い …

【明文化することの価値】

”明文化”の習慣をつけることは とても大切なことであると 考えています。 ============== ◆ランキングクリック◆ ランキング上位トップ10入り。 本日もサイトからの応援を お願い致します …

「継続」は、ファンありき

  1976年から40年間、続いていた大人気少年漫画の連載が終了するというニュースが入ってきました。 おなじみ、「こち亀」ですが、作者の秋本治氏が今月9月17日の掲載をもって、終了すると発表 …

「意識」のスイッチを切り替えよう

僕が、学生時代にアルバイトで 営業をやっていた時の話です。 フルコミのバイトだったので、 売り上げた分、お金をいただくことができます。 もともと、営業には自信がなく、 自信がないまま営業を行っていまし …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter