仕事

ビジネスとは、「生き様」の布石を打つこと

投稿日:2016年10月19日 更新日:

%e7%89%b9%e5%85%b8%e5%86%99%e7%9c%9f

 

 

々なメディアで情報発信を

 するようになってから、

 明らかに変わりました。

自分が経験してきた「痛み」と

そこから一歩のし上がった「体験」

は必ず誰かの心の琴線に触れるもの

だと感じるようになりました。

それも、正直でまっすぐな気持ちを

できるだけ飾らずに伝えることを

通して、できるものだという確信

も出来たわけです。

コンテンツマーケティグ、

コンテンツビジネス、

自分の「経験」や「体験」が

そっくりそのまま人を救うための

「価値」として生きる。

だから、自分の「生き様」は

一歩超えて挑戦したものであれば、

どんなものであれ、「財産」に

なります。

こんな情報発信を行って、仕事を

していける喜びを持ちつつ、

いわゆる「WEB」に特化した

ビジネスに挑戦し始めた2年半前の

寒い冬の日。

そして、いわゆる「ノウハウコレクター」

という「ジャンル」を痛感した当時。

挑戦したものが全くもって実りとならない

苦しみというものを味わったわけです。

挙句の果てには、カードローンを組み、

周りの人の迷惑となる。。

こんな自分が死ぬほど嫌でした。

人のせいにするのは簡単であり、

環境のせいにするのも簡単であり、

商材のせいにするのもお手の物。

インターネットビジネスの「全体像」が

全く見えずに身悶えした、「モヤモヤ」

が長らく晴れないでいました。

しかし、ある人のコンテンツと、生き方、

考え方に触れ、覚醒し確信を持つことが

できるようになりました。

この人のおかげで、インターネットに

特化したビジネスモデルで収益を上げる

ことができるようになり、「喜び」を

噛みしめるようになったわけです。

経済的に苦しくて何かに挑戦したい。

考え方を「文章」に投下していきたい。

WEBのスキルを身につけ、収入の柱を得たい。

とにかく、ネットビジネスの大枠が知りたい。

本当に「それ」で稼げるの?

これら全ての僕の疑問を晴らし、モヤモヤを

晴れやかにしていただきました。

↓↓↓↓↓

4_2

誰かに学び、教えを請うことを考えた場合、

本当に真っ当な考え方を持ち、人間的に「尊敬」できる

人から学びを得た方が良いです。

自分が望む「状態」を得ていて、その人の「生き様」を

しっかりと吸収していきたいと思える人の「教え」を

インストールしないと路頭に迷います。

今回は僕もサポートをさせていただく、WEBの講座であり、

メールの文章、動画を見るだけでも「思考」のポイントが

変わってくると痛感します。

毎日の文章投稿で、共感メッセージ、感謝メッセージを

いただけるこの「喜び」も感じさせていただきました。

ぜひ、インターネットビジネスの大枠を吸収し、

あなたの中に眠っている過去の「記憶」、「体験」にも

光を当ててあげましょう。

ネットのスキルに関しては、

 私もサポートをさせていただきます。

↓↓↓↓↓
4_2


「仕事」。

「働く」とは、「はた」を「ラク」にすること。

つまり、周りの人の「悩み」を解決し、サポートすることが

本質であると思っています。

「質」の観点からも、とても良い情報ですから、

ぜひ登録して内容をインストールしてみてください。

水野直利

-仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【断る勇気を持つと、断られることの免疫もつく】

営業の仕事をしていた時のこと、 日々、実績を上げて来る先輩は ものすごい量の件数の訪問先を こなしていました。 ============== ◆ランキングクリック◆ 上位、混戦模様のランキング。 本日 …

【具体的な行動を目指そう】

良くも悪くも、具体的な行動を 取れば、具体的な形となって 結果が表れます。 ============== ◆ランキングクリック◆ 上位、混戦模様のランキング。 本日もサイトからの応援を お願い致します …

no image

「積み重ね」を意識しよう

ストック型の知識を持つことが大切だと言われています。 「ストック型」とは、どういうことでしょうか? つまり、その場限りの「知識」ではなく、積み重ねられていくもののことです。 小学校2年生で習う「九九」 …

【明文化することの価値】

”明文化”の習慣をつけることは とても大切なことであると 考えています。 ============== ◆ランキングクリック◆ ランキング上位トップ10入り。 本日もサイトからの応援を お願い致します …

no image

頭がごちゃごちゃする時は、、、

あれもやらないといけない。 これもやらないといけない。 僕らは、日々の生活の中で、「やるべきことリスト」に追われることがあります。 まるで、強迫観念にも似ているかのごとく、「やるべきこと」に追われてい …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter