習慣

”本質”は”無意識”レベルでの動作

投稿日:

mac-459196_960_720

◆社長ブログランキング◆
1日1クリック、いつもありがとうございます。
おかげさまで、⚪︎位!

 

日、妻と話していてふと気付いたことが

ありました。

スナック菓子を食べたあとの袋を

ゴミ箱に入れる際に、かさばることが

多いので、小さくまとめてうまいこと

しばるやり方を聞いたわけです。

最初は、難しいなぁと思ってましたが、

やる度にコツを覚えて、数日も経てば

カンタンにできるようになったわけです。

それを、外出先、カフェなどでもやって

ました。

そして、家に帰ると、お菓子が出るときに、

妻は小さくまとめるのですが、

僕は、それをやっていなかったワケです。

すると、妻から、

「これ、小さくまとめて捨てた方が、

 かさばらなくて良いね!

 これからそうしよ。

 とか言ってたけど、全然やってないじゃん」

と言われてしまったわけです。

ですから、すかさず僕は、

「外出先では、お菓子の袋が出たらやってるん

 だけどねぇ」

といったとき、

妻は、

「リラックスした時にできてこそ、モノになった

 ってことだよね」

と言ったワケです。

お~、深いナと思った次第です。

何かを始めた時は、”意識”して、それを

やってもなかなかできません。

何度も何度も繰り返し、

トライアンドエラーをする中で、

徐々に徐々に”意識的に”できるようになります。

そして、”意識的に”できてきたら、今度は、

意識していなくても、つまり、

”無意識”のレベルでできるようになります。

つまり、何も考えなくても、リラックスしていても、

できてしまうワケです。

家での、リラックスタイムに習得した技を

”無意識に”行えていないということは、

本当に意味で「習得した」とは言えない

と感じた次第なんです。

テレビで、東南アジアのどこかの国で、

手が不自由なタクシードライバーを取り扱った

番組を見た時、そのドライバーは

長年、「足」を器用に使って、お客様を

目的地まで乗せていました。

もう、かれこれ、長年それをやっているので、

ある程度リラックスしてやっているワケです。

この”無意識”、”リラックス”の境地で

できるようになってこそ、「習得した」と

言えるのではないでしょうか。

何かを習得したいと考えた時、

にわか仕込みではなく、最後の詰めの部分まで、

とことん詰めて技を完成させていきたいですね^^

水野直利

_ _ _ _ 

◆情報業界に布石を打つ◆
副業レベルの5万円から収入を
獲得することができる実践講座になります。
http://naotoshi-mizuno.sakura.ne.jp/url/lnk/189b7715/

◆社長ブログランキング◆
1日1クリック、いつもありがとうございます。
おかげさまで、⚪︎位!

-習慣

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【寝る前の「心持ち」を大切にする】

寝起きの感情が良い時と悪い時は、 実際どのように違うのでしょうか。 ============== ◆ランキングクリック◆ 上位、混戦模様のランキング。 本日もサイトからの応援を お願い致します^^ ↓ …

【”箱”が人を成長させる】

役職が人を育てるのか、 人が育って役職が与えれるのか。 ============== ◆人気ブログランキング◆ 本日も、ご購読ありがとう ございます^^ ランキングクリックを お願い致します。 ↓↓↓ …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter