エニアグラム

【自分を知り、他者を”受け入れる”】

投稿日:

15203227_548238708698831_5640009928175460531_n
~エニアグラムで己を知る~

===============

-Rankingへのご協力をお願い致します

11クリック!感謝いたします^^

===============

間とその他の動物との違いは、

「自覚できるかどうか」という

のが一つのポイントであると、

7つの習慣の著者、スティーブン・コビー博士が

語られています。

”自覚”とは、読んで字のごとく、自分を覚える。

自分を覚えるとは、他者と自分との”分離”ができる

能力を持っているということ。

つまり、自分が自分であること、アイデンティティに

繋がってくるわけです。

自分と他者との違いがわかる素敵な動物が”人間”である

ということです。

それを踏まえると、自分を知ること、深く理解することが

他者を深く理解することにつながり、人間関係の深いところ

での繋がりの強化が期待できるワケです。

この自分を知ることとして、とても有効なツールがあります。

”エニアグラム”という古代ギリシャより伝わる心理学です。

これは、一流企業、アップル、トヨタ、ソニーなどでも採用された

心理学であり、大切な人をより深く理解し、より良い関係構築を

測ることを目的としたものです。

すでに、ご参加された方の投稿でご存知の方もいらっしゃると

思いますが、都内で行われたエニアグラムの

ワークショップに参加させていただきました^^

講師の木村龍星さんは、

18歳~25歳までの間、海外の様々な国へ赴き、

慣習や風土、文化に触れ色んなご経験をされていらっしゃる

方です。

そのご経験と温かみのある人柄でセミナー自体もとても温かい

雰囲気で包まれ、学びの深い時間でした。

「エニア:9つ、グラム:図」ということで、

人間を9つのタイプに分け、健全な状態や人との接し方、

仕事への対し方など有名人の例えを出しながらとてもわかりやすく、

学ばせていただきました。

e68890e995b7e381aee696b9e59091e381a8e382b9e38388e383ace382b9e381aee696b9e59091-14a20

人生の中で、目標と目的を立てると思いますが、

目標は具体的な数値を

用いた”目的”に対しての通過点、

目的とは、人生全般を通じて求める「あり方」であると、いつかの本で

学びました。

人としてどうあるべきか、といった「心のあり方」 人間性を問うことは、

科学が進歩し、便利な物が溢れた先進国である日本人が必要とする内容だと

感じております。

その大切な目的、心のあり方を学ぶ上でもエニアグラムはとても有効だと

感じさせていただきました。

「なぜ、自分はこの場面でこのように感じてしまうのか」など、

自分自身の”喜怒哀楽”や考え方、接し方、感じ方の性質が体系的に

学べます。

ぜひ、とても大切なこの”あり方”を学んでいけたら幸いだと感じます。

水野直利

私が初月で収入を獲得した全てを享受します◆
「オンライン」で人と交わり、マネタイズへと
つなげたいすべての人へオススメの講座です。
ネットビジネス基礎講座(実践編)

-エニアグラム
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【人間とは、”自覚”できる生物のことである】

パブロフの犬とは、 条件反射による刺激と反応の犬の実験のこと である。 ============== ◆人気ブログランキング◆ トップサイトからの ランキングクリックを お願い致します。 ↓↓↓ == …

【”インスタント”ばかりではダメ】

インスタント食品ばかり食べては、 健康を害するように、人との交流に おいても”インスタント”的なものは 希薄な関係しか生みません。 ============== ◆人気ブログランキング◆ 本日も、ご購 …

【何をやるかより、誰と共にやるか】

先日、共にパーティに参加した 際に撮らせていただいた写真です。 ============== ◆人気ブログランキング◆ ご購読いただくあなたが、 ランキングクリックを押して いただくことを願いまして^ …

【自分の期待値イメージに苦しまない】

自分の崇高な理想像があり、 自分はこうあるべきだ、 こうでなければならない、 といったような固定観念に縛られて 苦しんでしまう人がいます。 ============== ◆人気ブログランキング◆ ご購 …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter