考え方

【”忘年会”で見られるマナーと人間性の関係】

投稿日:

の瀬に入り、忘年会のシーズンに

突入しました。

==============
人気ブログランキング◆
年収1億円ブロガーさんを
追い越す勢い!?
ランキングクリックを
お願い致します。
↓↓↓

==============

居酒屋やお食事処では

サラリーマンやOLの方々の

様々な労いの言葉などが行き交い、

今年も残りわずかであるのを

感じさせていただく季節になってきました。

飲食店で働く方々は大忙しの頃ですが、

時たまマナーの悪く飲食店の店員さんに

執拗に絡む人を見かけたりします。

お酒の席というのは、普段のキビキビした

仕事現場とは違った心が開放された

打ち解けた雰囲気というのがあります。

普段、見れない意外な上司の一面や

おっちょこちょいの部下の話などが

見られ、ここ時間も次へ向かう大切な

時間だと考えるワケです。

しかし、酔った勢いで執拗に女性の店員さんに

絡んだり、その場が凍ってしまうような

極度に失礼な一言を発してしまい、

一発で嫌われてしまうような人もいたりします。

基本的に、「言ってはいけない一言」というのが

あり、その一言を発したがために距離を置かれる

人が出てきます。

お酒の席でのマナーこそ、考えるべきポイント

でもあります。

人それぞれ、”距離感”が存在し、それを会話の

流れから読み解けない人は、無意識にその地雷を

踏んでしまいます。

この「無意識」というのが厄介なポイントである

ように思います。

飲みニケーションと言われるように、

打ち解け合う場としては、最高の環境と

いうのが飲食店であったりしますが、

そのような場に慣れ不慣れが存在している

ことも認識すべきポイントの一つであると

考えています。

この無意識に行ってしまっている”横柄”な

態度というのは、普段から配慮することを

怠った結果であるようにも思います。

昭和を代表する経営の神様、

松下幸之助さんは、

人にものすごく配慮をする方だったと

言われます。

お客様を呼び、お食事を出すとき、

部下などに庭の濡れた石の溝の部分の

水分を雑巾で搾り取りなさいと伝えた

と言います。

そこをお客様が歩けば、

和服の裾が汚れてしまうから。

そして、お客様を新幹線に乗せる時は、

あえて窓際に座っていただき、

富士山が見えるように配慮していたのだと

言われます。

しかし、”そこ”まで気を使ってくださっている

ことに気づく人は本当にごく稀だったと

言われます。

しかし、そこに気づく人は大体、経営者や

組織のトップの方でした。

その方に気づかれるから、それが徐々に

話題を呼んでいったとも考えられます。

気を使う力とは、”気づく”力であるとも

思います。

そのような方がやはり亡くなった後も

後世にそのまま考え方や生き様が刻まれていく

と考えています。

そこまで超有名になれなくても、

普段から顔をあわせる範囲の方には、

どうしたら喜んでいただけるかなどを

考えていく先に仕事の技術の向上や

人間性の向上があるのではないでしょうか。

それを考えるポイント、視点として

飲みニケーションの場も推察してみると

学びが多いと見受けられました。

年の瀬を一年を振り返り、次に繋げる

貴重な時間として送っていきたいですね^^

水野直利

P.S 本日も記事をご覧いただき、
ありがとうございます。
ランキングクリックもよろしく
お願い致します。
↓↓↓

※追伸
私のサポート付きの
WEBビジネス講座にも
ぜひご登録ください。
コチラから

-考え方
-, , ,

執筆者:


  1. 社長ブログのファンより より:

    気をつかう→気づく
    なるほど、とても参考になりました。

  2. 社長ブログ より:

    「地雷を踏む」なるほど!
    大変、参考になりました。

  3. 社長ブログのファンより より:

    「地雷を踏む」なるほど!
    大変、参考になりました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

できない理由を、「できる」理由に変えて

僕たちは、何かの目標を立てたり、計画したり、予定を入れたりする時、それが本当に達成可能かどうかを常に吟味しているかと思います。 ゴール設定をした時、ちょっとうまくいかないことが続くと、 「やっぱり無理 …

「弱さ」を認めると再出発できる

  「ごめんなさい。」 この言葉が出てこなくて、人間関係がこじれてしまうことがあります。 本当は言った方が良いことは自分の心がわかっているのに、意固地になって言おうとしない。 スネた状態で、ずっと不機 …

身体の健康を重要視しよう

  体が資本と言われます。 身体の健康を損ねたら元も子もありません。 どんなに何かに取り組んでいたり、挑戦していたりしていても、 心身ありきです。 心身を充実させるためのものです。 心身を磨き上げるこ …

「環境」に自ら移動しよう

  僕たち人間は環境適応能力が動物の中で極度に発達しています。 だから、ある程度どんな環境であれ順応してしまうのです。 良くも悪くも。 環境によって、「気分」がいくらでも変化していくのを感じます。 こ …

【”完璧”である必要はない】

完璧を目指すと、 自分自身にイライラが 募りやすくなります。 ============== ◆人気ブログランキング◆ 本日も、ご購読ありがとう ございます^^ ランキングクリックを お願い致します。 …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter