心理学

【隣の芝生はいつだって青い】

投稿日:

本的に新しいことに挑戦すると

たいていの場合は上手くいかない

ことが多く、打ちひしがれることも

多いです。

==============
ランキングクリック◆

上位、混戦模様のランキング。

本日もサイトからの応援を

お願い致します^^

↓↓↓

==============

なかなか上手くいかないことが

続くと、周りの人が上手くいっている

ように感じ、自分が行なっていることが

相対的に「間違っているんじゃないか」と

思えるようになってきます。

そして、新鮮で青々と茂った芝生のように

隣に移動することも多くなります。

しかし、綺麗に見えていた富士山が悲しいかな、

近くまで来ると実はゴツゴツとした山肌が見えたり、

時にはゴミが落ちていたりと、遠くで見えていた景色とは

違い、実際に近くで登ってみて気づくネガティブな

ポイントに嫌な思いが湧くこともあります。

これと同じように、青く見えていた隣の芝に

移動すると実は「青く」見えていたのは、

遠目に見たからであり、近くに来ると、

そこまで青々と茂っておらず、虫がたかっていたり、

途中で芝生が剥げていたりと近くに来て

ネガティブポイントに気づきます。

「やっぱりここじゃない、、」となり、また次に。

これを繰り返すことになりかねません。

隣の芝生はいつだって青いです。

特に自分が試練にあっているときは、

より一層、青々と見えます。

この時にもう少し、やりきる心構えと

行動力を持って、やって見てから

判断しても遅くはないのではないでしょうか。

隣の芝生が視界にちらっと映った時、

もう少しやりきってみましょう。

水野

※追伸

私のブログランキングも

よろしくお願い致します^^

追伸の追伸

私、水野オリジナルのコンテンツを

ご用意しましたので、ぜひ学んで

みてくださいね^^

僕は君に武器(情報発信)を授けたい

-心理学
-, , ,

執筆者:

関連記事

人は誰しも「共感」体験を欲している

すべての悩みは「人間関係に行き着く」と解き、 多くの方の共感を得て、ミリオンセラーとなった 「嫌われる勇気」という本があります。 アドラー心理学というもので、 目的論的心理学というものです。 最初読ん …

徹し切ったら、手放す

  楽しい時に、楽しもう。 嬉しい時に、嬉しがろう。 悲しい時に、悲しがろう。 悔しい時に、悔しがろう。 怒れる時に、腹を立てよう。 そして、それに「執着」しないようにしよう。 「執着」すると、心に負 …

【”インスタント”ばかりではダメ】

インスタント食品ばかり食べては、 健康を害するように、人との交流に おいても”インスタント”的なものは 希薄な関係しか生みません。 ============== ◆人気ブログランキング◆ 本日も、ご購 …

たまには思いっきり泣いてみよう

  目に見えるもの、「カタチ」があるものには全て目的があると考えています。 あなたが着ている服は、あなたの体を守るため、汗を吸収するため、オシャレをするため。 あなたの着けているメガネは、物をはっきり …

【感情の”自転車操業”に陥らない】

ここではない”どこか”に幸福がある、 と信じ、求め続けてフラフラ動き続けて、 結果、どこにも求める”幸福”がなかったという 物語があります。 ============== ◆ランキングクリック◆ 上位 …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter