自己啓発

【自分の中に「原因」を見る】

投稿日:

ルフイメージというと、

当然、高い方が良いという

考え方が多いと思います。

==============
ランキングクリック◆

上位、混戦模様のランキング。

本日もサイトからの応援を

お願い致します^^

↓↓↓

==============

しかし、セルフイメージと

自分に対しての、

正当化イメージというのは

全く違うということを念頭に

おいておくべきであるということを

学びました。

ベストセラーになった、

「自分の小さな「箱」から脱出する方法」

という本を読みましたが、

自己欺瞞(じこぎまん)の怖さを

知りました。

この本では、「自分原因説」の大切さ、

素直であること、自分の心の声に

従うことなどを取り上げています。

自分の心の声、つまり「良心」に

背いた時、それは自分を裏切った

ことになる。

このささやかな「自分への裏切り」行為が

度重なると、周りの現実を「自分への裏切り行為」を

正当化する目線でしか見れなくなるということです。

本の中のコトバを引用させていただくと、

1、自分が他の人のためにすべきだと感じたことに背く

  行動を、自分への裏切りと呼ぶ。

2、いったん自分の感情に背くと、

  周りの世界を、自分への裏切りを正当化する

  視点から見るようになる。

3、周りの世界を自分を正当化する視点から見るように

  なると、現実を見る目がゆがめられる。

4、したがって、人は自分の感情に背いた時に、

  箱に入る。

5、ときが経つにつれ、いくつかの箱を自分の性格と

  見なすようになり、それを持ち歩くようになる。

6、自分が箱の中にいることによって、

  他の人たちをも箱の中に入れてしまう。

7、箱の中にいると、互いに手ひどく扱い、

  互いに自分を正当化する。

  共謀して、互いに箱の中にいる口実を与え合う。

実は、ほんの些細な心の動き、

それに従えなかったことが原因で、

「従えなかった理由」を周りに求める。

自分は行動しなかったことの「正しさ」を

自分に持つようになる。

この「自分への裏切り」は

人間関係のあらゆるところで起きていると

言います。

実は、世の中に起こっている事象の

多くは、突き詰めて考えて見れば、

この個々人の「心の闘い」に

打ち勝てなかったことが原因であると

考えるわけです。

だから、自分が関わっていることで、

うまくことが運んでいない場合は、

うまくいかない原因を「周り」に

求めずに、「自分は何ができるか」を

考えた方が、健康的であり、精神面でも

安定するのだと思います。

自分は今、素直か、自分は今、本気か。

向き合いすぎるのは大変なことも多いですが、

これも意識していけたら良いですね。

水野

※追伸

私のブログランキングも

よろしくお願い致します^^

-自己啓発
-, ,

執筆者:

関連記事

眠り中の「潜在意識」を利用する

  寝る前に、明日のやることを紙に書いて、具体的にイメージしておく。 というのは、よく聞く話です。 実際、起きてから最初に何をやるかを決めておくと、あとは脳が潜在的に何をやれば良いか判断して、ポンポン …

「自分」のことを考えよう

  あたりまえすぎるこのタイトル。。 しかし、忙しすぎると自分のことが見えなくなる。 自分のことがわからなくなる。 自分を見失うといった表現が合っているかもしれない。 「忙しい」の「忙」は「心を亡くす …

「感情」を揺さぶられたら負け

  一度、街中を歩けば、様々なマーケティングが敷かれています。 商店街の看板、電車の中吊り広告、テレビコマーシャル、ファーストフード店のサイドメニュー。 そして、何かを買った時のオプション、 …

【「きっかけ」を演出する】

自分の望む状態を構築している 人をイメージして、自分が行動を 起こす場合、どう行動を起こすかを 考えるかと思います。 ============== ◆ランキングクリック◆ 上位、混戦模様のランキング。 …

心の声に耳を傾けよう

  これでいいのか。。 こんなもんじゃない。。 こんな風に、心の深いところでもう一人の自分の声が聞こえることがあります。 いつも、この声と向き合うことは勇気がいるし、苦しいことも多いように感じます。 …

Youtube

僕はあなたに武器(情報発信)を授けたい

◆リーダーズランク◆

◆情報ビジネス概論◆

jouhoubijinesu

スポンスサーリンク

Facebook

fesubu

Twitter

twitter