自己啓発

決断したら「邪魔」が入る

投稿日:2020年3月1日 更新日:

〇この記事を読んでいただきたい人〇
1.ようやく決断できたのに誰かに邪魔されて
   ウンザリしてる人
2.これから何かを決断しようとしている人
3.決断する時のポイントを知りたい人

なたが何かを成し遂げようと決断した時。

そして、その道標をスケジューリングし、すべてを計画立てて実行に移そうと決め、行動に移している最中、頻繁に何かしらの外的要因が飛び込んできます。

つまり、何かしらの「邪魔」が入ったりします。

「何でこんな時に限ってこんなこと依頼されるんだよ、、」

何かを依頼されたり、何年も会っていない旧友から連絡があったり。

そして、あなたの心はブラされていきます。

「こんなことでいいのかな。。」

そう思うようになります。

結論を述べます。

その「邪魔」は、あなたの「決断」の実力テストです。

僕たちが、「何か」を「決断」した時のこのような「障害」というのは、僕らが本当にその「成し遂げたいこと」を成し遂げたいのかの「テスト」なんです。

その時、本当に「成し遂げたい」ことであるならばその「テスト」を超えていこうという、強い「気持ち」が起こるはずです。「邪魔」が入る時、「自分は本当はどうしたいのか」を再度向き合うことになります。

「やっぱりいいや」となってしまうのであれば、そこまで「成し遂げたい」とは思っていないということになります。

そして、あなたが決断をしたということはモヤモヤした感情を

断ち切ったということです。

感情を断ち切った時の記憶は脳内に色濃く残るはずです。

つまり、脳ではあなたが「決断」をした時点で決断脳になっており、

そのゴールまでの道筋を鮮明に模索しようとしているのです。

逆説的に、そのゴールまでの道筋を阻害しようとするものを

決断する前より「邪魔な存在だ」と意識してしまっているのです。

これは、目を閉じて「赤いもの」を強くイメージして、

その赤いものをイメージして一日を過ごした際に、普段より

赤いものが目の前に飛び込んでくることと同じ理屈です。

だから、実質的にはこれは「邪魔」ではなく、僕たちの気持ちを確かめるための「テスト」に過ぎないのです。

「テスト」にパスする気持ちがあるならば、その「決断」は本物であるということです。

物事はすべてうまくいっているのです。

目の前で起こっていることは全て正しいです。

誰かに「邪魔」をされた時、それを一つ一つクリアしていけば

その先にあなたの望む未来が待ち受けているならば、ワクワクしませんか。

そのようにして、楽しみながら、「テスト」を超えていきたいですね。

-自己啓発

執筆者:

関連記事

【”孤独”に思考を巡らす時間の大切さ】

アーティストと呼ばれる仕事に 携わる人間は基本的に創作活動に 精力を傾けます。 ============== ◆人気ブログランキング◆ ランキング、 追い上げられています! ランキングクリックを お願 …

【チームプレーとスタンドプレー】

それぞれの人々の集合知を 合算することで、かなりの 相乗効果を発揮することは、 マインドセットが一致すれば 理解できることです。 ============== ◆ランキングクリック◆ 上位、混戦模様の …

【「箱」から抜け出す技術】

自分を正当化して、自己欺瞞に 陥ると、何をやっても成果が 出にくくなるということです。 ============== ◆ランキングクリック◆ 上位、混戦模様のランキング。 本日もサイトからの応援を お …

【考えに考え抜く「タイミング」】

物事が煮詰まってくると、 「マンネリ化」みたいな気持ちなって いまいち、生活にハリがなくなった ように感じる時があります。 ============== ◆ランキングクリック◆ 上位、混戦模様のランキ …

【行き詰まりは戦略を変える「信号」】

物事が行き詰ったり、煮詰まったりすることが あると思います。 ============== ◆ランキングクリック◆ 上位、混戦模様のランキング。 本日もサイトからの応援を お願い致します^^ ↓↓↓ …